スポンサーリンク

こんにちは。管理人のハルです。

父の日っていつからあるんでしょう。

そもそもの起源や由来を3分で紹介していきますね。

英語では、「Father’s Day」と言います。

父の日を簡単に

・起源はアメリカ。

・毎年6月の第3日曜日。

・黄色いバラが代表的なプレゼント。

・父の日のイメージカラーは黄色。

父の日とは

父の日とは、父上に感謝する日

毎年6月の第3日曜日。

父の日に贈る代表的なプレゼントは「黄色いバラ」です。

日本には、「日本ファーザーズ・デイ委員会」という団体があります。

父の日には幸せの象徴黄色いバラを贈ると言われています。

 

父の日は母の日ほど盛り上がっていない印象ですよね。

それは、勤労感謝の日があるからですね。

父の日の起源

父の日の起源は、1909年のアメリカワシントン州です。

ワシントン州で、父上が軍人の家族がいました。

その家族の子供が、「母の日みたいに、父親に感謝をする日をつくって」と教会にお願いをしました。

その子の父親は誕生日が6月でした。

なので6月を父の日にしてもらうようにしたそうです。

1972年6月の第3日曜日、正式に国の記念日になりました。

これが、父の日の誕生秘話です。

スポンサーリンク

いつからある?

1950年代からあります。

周囲に伝わるのが遅かったようです。

たくさんの人に知れ渡ったのは1980年代に入ってから。

父の日プレゼントの、売り上げアップ戦略がきっかけで広まったそうですよ。

父の日のプレゼント

母の日といえば、カーネーションを贈るのが定番。

父の日は、黄色いバラ

父の日を提案した子供が、亡くなった父に白いバラを送ったことが由来。

アメリカでは、母の日、母が亡くなっている場合は白いカーネーションを贈ります。

そうでない場合は、赤いカーネーションを贈ります。

日本ファーザーズ・デイ委員会が、父の日のイメージカラーは黄色としています。

 

具体的なプレゼントは何でも大丈夫です。

気持ちが大事。気持ちだけあげても良いくらいですね。

でもやっぱり形があると父上も喜びますよね。

お酒や花やネクタイ。

決まりは気にしないで本人が好きな物で良いです。

この日ぐらいは「おだてて」やって下さいね。

まとめ

ということで、

父の日っていつからある?

3分で起源や由来について紹介しました。

 

・毎年6月の第3日曜日で起源はアメリカの子供。

・黄色がイメージカラー。プレゼントは気持ち次第、何でも良い。

 

この2つで父の日は完全勝利。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク