「土用の丑の日」といえば、うなぎですよね。

緑のきつね

土用丑の日じゃなくてもうなぎは食べたいよな

赤いたぬき

そうだね!
でも夏に食べる意味がちゃんとあるんだよ

緑のきつね

へー
そうなのか

そもそも「土用の丑の日」ってなんでしょう。

意味や由来を3分で説明していきますね!

土用丑の日を簡単に

・1年に何度もある。

・2019年は7月27日(土)。

・「う」が付くものを食べると良い。

・江戸時代、売れないうなぎ屋への提案でできた日

スポンサーリンク

土用丑の日の意味

「土用」の意味とは

期間のことをいう言葉。

立春・立夏・立秋・立冬の前、約18日間の期間のことです。

 

丑の日の意味とは

昔の暦は、日にちを十二支(子・丑・寅・卯…)で数えていました。

それの“丑”の日のこと。

土用の期間にある丑の日”が「土用の丑の日」

 

土用の丑の日は、夏のイメージが強いですよね。

春、秋、冬にもあるから、1年に何度もあります。

期間によっては丑の日が、1シーズンに2回あることも。

1回目を「一の丑」

2回目を「二の丑」と呼びます。

緑のきつね

へー
2回ある事もあんのか

他にも、7月には富士山の山開きもありますよね。

富士山の山開きを3分で知る>>>

なぜうなぎを食べる?

まず思うのは「なぜうなぎを食べるの?」ってトコですよね。

1つ説が、万葉集にあります。

うなぎについて、歌が詠まれています。

この歌は、「うなぎを食べると夏痩せにいいよ」っていう内容。

栄養価があるうなぎを食べて、元気をつける習慣になりました。

 

もう1つの説は、

売れないうなぎ屋への提案です。

江戸時代に平賀源内の発案で風習が生まれたとも言われています。

平賀源内(ひらがげんない)は江戸時代の学者さん。

売れないうなぎ屋が、平賀源内に相談。

「本日丑の日」と張り紙を貼るという提案を受けました。

うなぎを食べると良い″特別な日”をつくったんです。

そこから、お店は繁盛しはじめ、他のうなぎ屋も真似するようになりました

ここから「土用の丑の日はうなぎ」という風習が出来ました。

「う」が付くものを食べると良い

実は、この土用丑の日、うなぎ以外でも全然OK。

「うしのひ」の「う」がつく食べ物が良いです。

・うどん。

・梅干し。

・ウリ。

・ウサギ。

・馬。

・牛

栄養価が高くて元気になれるもの。

「夏に負けずに頑張ろう」っていうことですね。

スポンサーリンク

土用丑の日の風習

うなぎ以外にも、風習があります。

例えば、丑湯きゅうり加持という風習です。

 

丑湯とは

新潟の「湯田上温泉」。

「薬師の湯」と呼ばれる効能をもつ温泉。

土用の丑の日に湯につかると無病息災で1年過ごせるという風習。

 

きゅうり加持とは

きゅうりにあやかって、暑さを乗り切る祈祷儀式をします。

きゅうりに厄難や疫病を封じこめて、無病息災で過ごせるようにというものです。

まとめ

ということで、

土用の丑の日とはなに?

3分で意味や由来について紹介しました

 

・「う」がつく食材が良い。

・夏だけじゃなくて、1年に何度もある。

・売れないうなぎ屋の提案で出来た日。

 

こんな感じでどうでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^