スポンサーリンク

恵方巻きってちゃんと食べたことあるかな。

食べるのにも、方角とか気にしなきゃいけないですよね。

それに、意味・由来とか気にしたことないですよね。

3分で紹介していきますね。

恵方巻き4ぽいんと

・その年の歳徳神のいる方角を向く。

・願い事を想像しながら食う。

・1本まるごと食う。

・静かに食う。

恵方巻きの由来

恵方巻きの由来とは、

江戸時代の大阪の商人が商売繁盛・無病息災を願って食べたのが由来。

でも、はっきりした由来は分かってないみたいです。

コンビニからの拡散もあったみたいです。

平成元年に広島の”ぶんぶん”(セブンイレブン)で恵方巻きって商品名で売られたのが1つのきっかけ。

それより前にも、ファミマが「丸かぶり寿司」って名前で売ってたみたいだけど、「恵方巻き」って名前は”ぶんぶん”が先制していますね。

恵方巻きの意味

恵方巻きの意味を、食べるときのルールで紹介しますね。

1本丸ごとルール

切り分けちゃうと、神様との縁も切れちゃうっていわれてる。

これはアカンやつです。

 

黙ってルール

喋ってると運が逃げるらしいです。

これもアカンやつです。

 

恵方を向くルール

歳徳神のいる方を向く。

これはその年の干支で決まります。

方角の先

2019年の方角、恵方は東北東。

恵方とは、

その年の、福を司る歳徳神(としとくじん)のいる方角のこと。

方角の先には、神様がいるんです。

その神様に願い事をしながら食べるってことですね。

スポンサーリンク

恵方巻きの約束

・1本をまるごと食。

・途中で止めないで食。

・その年の恵方を向きながら食。

・願い事をしながら、最後まで黙って食。

約束を守りながら食べるのは難いけど気持ちが大事。

メンタルで乗り切って。

運が逃げたり切れたりしないように、しっかり約束を守ろう。

いつ食べる?

立春の前日に食べます。

立春の前日は、節分ですね。

立春は、暦で正月的な感じ。

立春がズレれば、節分もズレます。

毎年2月3日ってわけじゃないんです。

2025年ぐらいからズレるって噂がありますね。

立春は計算で出される日にちですからね。

具材は7つ

なんで7種類かっていうと、七福神になぞっているんです。

・卵焼き。

・あなご。

・かんぴょう。

・きゅうり。

・しいたけ。

・高野豆腐。

・でんぶ。

これが純正な感じですね。

まとめ

という感じで、

恵方巻きの意味、由来といつ食べるか。

方角について3分で紹介しました。

 

・その年の歳徳神の方角を向いて食べる。

・食べる時は恵方ルールがある。

 

恵方巻きって結局のトコ、その人の商売繁盛とか、願いをかなえたりとかっていうのがおおもと。

今では、神様の方を向いて願いを叶えるっていう意味の印象が強いよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク