スポンサーリンク

「笑う門には福来る」って言葉なんか良いよね。

お正月遊びの福笑いって知ってるかな。

日本の文化的な遊びだよね。

3分で意味由来を紹介していくね。

超分かりやすく

・お正月遊び。

・おかめは「福を招く神様」。

・ひょっとこは「火を守る神様」。

・「笑う門には福来る」が由来。

意味と由来

福笑いが楽しまれはじめたのは、明治時代。

凧あげとかといっしょでお正月遊びだよね。

はっきりとした意味や由来は分かっていないよ。

福笑いって何人かでやるし、絶体笑っちゃうやつ。

「笑う門には福来る」っていうことわざ的なことで、お正月遊ぶようになったんだ。

年末もお正月もTVはおもろいのばっかり。

笑う門を増やそうとしてくれてるよね。

ちなみに、この「(かど)」っていうのは家とか家族って意味だよ。

「いつも笑ってるトコには、自然に福が来るぞぃ」ってことだね。
スポンサーリンク

なぜにおかめとひょっとこ?

はっきりとしたことは分かってないみたい。

でも、間違いないのは、2つとも縁起物なんだ。

おかめ

阿亀とかお亀って書くこともあるよ。

ほっぺがプルってなってるよね。

お多福とかお福っていうんだ。

おたふく風邪の由来ってこれなんか。

 

ひょっとこ

こやつは口をとがらせてるよね。

おかめとひょっとこで1セット。対になるものだね。

「火を守る神様」っていわれていて、家庭円満の縁起物なんだ。

遊び方

もうね、基本的には自由。

ただ基本的なルールはあるよ。

準備する物

・おかめとかひょっとこの輪郭(りんかく)的なやつ。

・顔のパーツ。(目、鼻、口、眉毛)

・プレイヤーの目隠し。

今は、おかめとかひょっとことかじゃなくても全然おっけー。

有名人の顔でもいいし、みんなが知ってる顔の方が盛り上がるよね。

ルール

目隠しをした人が輪郭の上に顔のパーツを並べていくんだ。

きれいに顔の形が出来た人が勝ちか、おもしろく出来た人が勝ちかは最初に決めといたほうが良いよ。

ちっちゃい子とかがやる場合は、手に持ったパーツを教えてあげると良いよ。

「目だよ~」とか「それは鼻だよ~」とか。

いらない余計なパーツとかを入れるのも面白いよ。

ホクロとか同じパーツでも種類を変えるとか良いかも。

まとめ

ということで、

福笑いについて。

3分で意味や由来を紹介したよ。

 

・おかめは「福を招く神様」。ひょっとこは「火を守る神様」。

・「笑う門には福来る」の縁起物の遊び。

 

この2つで福笑いは分かったね。

ルールはみんな知ってるかもね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク