スポンサーリンク

お正月遊びの羽根つき。

バドミントン的なのを想像しちゃうよね。

そんな羽根つきにも意味・由来があるよ

3分で紹介していくよ。

英語で、「Wings with」っていうんだ。

よう分からんね。

負けた方が顔に墨を塗られるのにも意味があるんだ。

超分かりやすく

・女の子の正月遊び。

・顔に墨を塗るのは魔よけ。

・毬(まり)を打ち合う遊びが由来。

・羽根つきの先っちょは無患子っていうやつ。

意味・由来

平安時代の初めごろなんだけど。

宮中で「毬杖遊び(ぎっちょうあそび)」っていうのが流行ったんだ。

この遊びは、先がヘラみたいになってる杖で毬(まり)を打ち合う遊び。

ヘラは、お好み焼き食べるやつのでかい親分的な感じかな。

宮中っていうのは、皇居の中のこととかのこと。

これがどんどん進化していって、鎌倉時代ぐらいに「羽子板」になったんだ。

スポンサーリンク

室町時代になると、遊び用と贈り物用に分かれたんだ。

江戸時代には、羽子板に絵とかがついて女性の間で、超流行ったみたいだよ。

この頃には、正月に女の子の遊びってことでお決まり的な感じになったよ。

男の子の初めてのお正月には、破魔矢を贈るんだ。

お正月遊びには、他にも福笑いとかあるよね。

羽の先っちょ

羽根つきの羽って先っちょって黒いの分かるかな。

無患子(むくろじ)っていう大きい木の種。

字のまんま、「子どもが病気にならないように」っていう意味があるんだ。

女の子の初めてのお正月に羽子板を贈るのもこの意味があるよ。

あと、いろんなイヤなことをはね(羽根)のけて元気に育つようにっていう願いも込められているよ。

顔に墨を塗る意味

羽根つきで負けた方は顔に墨を塗られるよね。

罰ゲーム的な感じがするけど、あれはちゃんと意味があるよ。

羽根つきの羽の先っちょには、黒い「無患子(むくろじ)」っていうのが塗られてるね。

子供が病気にならないようにっていう意味があるから、お互いの健康とかを願って長く打ち続けるんだ。

でも、ずーっと打ってれば落としちゃうこともあるよ。

この時に、途切れちゃっても鬼が嫌がる黒色を、魔除け的な感じで塗れば守られるっていわれてたんだ。

罰ゲーム的な感じだけど、もとは魔よけの意味があったんだね。

まとめ

ということで、

羽根つきの由来や歴史について。

3分で紹介していったよ。

 

・羽子板は女の子の健康を願う意味がある。

・羽根つきで顔に塗るのは罰ゲームじゃなくて魔よけの意味。

 

この2つで羽根つきの由来とか歴史は分かったよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。^^

スポンサーリンク