スポンサーリンク

「針供養」って聞いたことあるかな。

字のまんま、針を供養する行事だよ。

デザイナーさんとか、今でも針に関わる仕事の人は針供養してるんだ。

で、針供養ってなに。

3分で超簡単に紹介していくね。

超簡単に説明

・針を使うことを休む行事。

・豆腐とかこんにゃくに刺して供養。

・神社でも家庭でも供養できる。

・昔の女性に針仕事は大切な仕事だった。

針供養ってなに

針を使うことをお休みするんだ。

神社とかお寺でやってるよ。

字のまんま、針を供養する行事なんだ。

折れたり、さびたり、まがったりした古い針を、豆腐とかこんにゃくに刺して供養するんだよ。

やり方

今でも家庭で供養する事はできるよ。

家庭でやる時は、豆腐とかこんにゃくに針を刺すよ。

豆腐とかこんにゃくに刺す理由

今まで 硬い生地とかに何度も何度も糸を通してきた針。

「最後は柔らかい所で休んでほしい」っていう気持ちなんだ。

川とか海に流したり、土に埋めたりして供養するんだ。

ちゃんと針に感謝の気持ちを込めてね。

神棚やお仏壇がある場合はそこに置くんだ。

最後は白紙に包んで処分するよ。

スポンサーリンク

神社とかで供養

神社とかお寺でも供養は出来るよ。

針供養をしている神社に針を持っていこう。

ちゃんと事前の確認はわすれずにね。

関東では、浅草寺。

関西では、淡島神社。

大きい所では今でもやってるよ。

いつやるの?

毎年 2月と12月の事八日の両方かどっちかの日にするんだ。

事八日とは

2月8日の事始め。

12月8日の事納めのこと。

神様を迎え入れるために、仕事を休んで一定の期間飲食を慎んで心身を清めていたんだ。

関東と全国的には、2月8日。

関西では、12月8日に行われることが多いみたい。針供養に行く場合は事前に確認した方が良いね。

ちなみに、京都の「虚空蔵法輪寺」は平安時代から続いてるよ。

今でも12月8日には皇室から預かった針を供養しているんだって。

2月には、節分とかの年中行事もあるよね。

昔の針供養

昔の女性にとって、針仕事は大切な仕事だったんだ。

針は、生活になくてはならない道具だったんだよ。

お世話になった針に感謝して供養したんだね。

一緒に裁縫の上達も祈ってたみたいだよ。

全てのものに神様がいるって考えていた日本人らしい行事だね。

まとめ

ということで、針供養ってなに。

3分で超簡単に説明していったよ。

 

・最後はやわらかい豆腐とかこんにゃくに刺して供養。

・家庭でもできる。

 

この2つで針供養は分かるよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク