スポンサーリンク

八朔は「はっさく」って読みます。

みかん種類にもありますが、行事のことでもあります。

赤いたぬき

八朔って、どんな行事か知ってる?

 

緑のきつね

知らねーよ。みかんのことかと思ったし

 

赤いたぬき

あんまり聞きなれない行事だからね。
どんな行事か超簡単に紹介するね

 

緑のきつね

若干気になるな

 

八朔とはなに?について。

語源や行事を3分で紹介していきます。

スポンサーリンク

八朔を分かりやすく

・八月朔日(はちがつさくじつ)の略。

・月立ち(つきたち)の当て字が朔日

・八朔の行事は地域によって違う

・「田の実の祝い」という風習。

八朔とはなに?

八朔(はっさく)とは八月朔日(はちがつさくじつ)の略です。

八月の意味は、8月。

朔日(さくじつ)の意味は、1日です。

なので、8月1日ということになります。

これは、旧暦のことをいっているので、今の暦にすると1ヶ月くらいのずれがあります。

緑のきつね

“端午の節句”みてーだな

端午の節句を3分で知る>>>

どんな行事か

この時期は、稲穂が実りはじめるころ。

台風や虫、鳥の被害をうけることもあります。

収穫が本格的にはじまる前に「田の実の祝い」ということをしていました。

豊作祈願という意味もあったそうです。

赤いたぬき

豊作祈願って行事では多いよね!

 

田の実の祝いとは

新しく収穫したものを主家や恩人などに贈る風習です。

徐々に、親戚や地域で付き合いがある人同士で、贈り物をして助け合う大切な行事になっていきました。

緑のきつね

お中元的な感じか

お中元を3分で知る>>>

 

鎌倉時代には、武家社会にも取り入れられるようになっていきました。

「田の実」「頼み」に変わり、頼みにしている人に贈り物をするという習慣ができました。

 

江戸時代では、徳川家康の江戸城入城が八月朔日でした。

この日に、大名などが白の服(白帷子:しろかたびら)を着て、江戸城にお祝いに行く「八朔御祝儀」という行事を行うようになったんです。

幕府の大切な日になりました

スポンサーリンク

八朔の語源

八朔の語源とは月立ち(つきたち)の当て字です。

「八月朔日の略で八朔」という事より、以前のことです。

朔日の「朔(さく)」は、新月のことを言っていました。

旧暦では、新月を月初めにしていて、1日を「月立ち」と呼びます。

この月立ちという言葉が、朔日になりました。

赤いたぬき

月立ちも朔日も聞きなれない言葉だよね

緑のきつね

もはや意味わかんねーけど…。
とりあえず月初めで1日なんだろ?

今の八朔の行事

今の八朔の行事とは、地域によって違います。

京都府

花道では、芸妓さんや舞妓さんがあいさつ回りをします。

師匠やお茶屋さんを回るのが習わしのようです。

 

熊本県

上益城郡(かみましきぐん)山都町(やまとちょう)で「八朔祭」が行われます。

9月の第1土曜日・日曜日の2日間(旧暦の8月1日に近い)です。

大造り物(山車)の引き廻しが有名です。

 

福岡県

芦屋町では、子どもの誕生を祝う行事が行われます。

男の子は「わら馬」、女の子は「団子雛」を家に飾る伝統行事です。

まとめ

ということで、八朔とはなに?

3分で語源や行事を紹介しました。

 

・八月朔日(はちがつさくじつ)の略で8月1日。

・元は「田の実の祝い」という贈り物の風習。

・今の八朔の行事は地域によって違う。

 

八朔は、この3つのポイントで大丈夫ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク