スポンサーリンク

初午って聞いたことありますか?

ウシっぽいけど「はつうま」って読みますね。

あまり聞きなれない言葉ですよね。

初午は、いなり寿司と関係がありますよ。

初午とはなに?について。

3分で由来やいなり寿司との関係を紹介していきますね。

簡単に初午とは

・2019年は、2月2日(土)。

・油揚げやいなり寿司をお供えしていた。

・稲荷神社で2月の最初の「午の日」にある神事。

・711年の午の日に稲荷大神が稲荷山に降りてきたのがはじまり。

初午とはなに?

初午とは稲荷神社で2月の最初の「午の日」にある神事

五穀豊穣や商売繁盛、開運、家内安全を祈るお祭りです。

ちなみに、2019年は、2月2日(土)です。

「午の日」とは

十二支の中の1つです。

365日全部に十二支が当てられています。

なので、12日に1回は午の日があります。

2月中に午の日は、何回かありますよね。

それぞれ、呼び方が違うんですよ。

・最初の午の日を「初午」。

・2回目の午の日を「二の午」。

・3回目の午の日を「三の午」。

土用丑の日もこんな感じですよね。

初午の由来

初午の由来とは711年の午の日に稲荷大神が稲荷山に降りてきたのが由来です。

稲荷大神(いなりおおかみ)とは

五穀豊穣をつかさどる神様。

稲荷大神様の使いが、キツネだといわれています。

スポンサーリンク

いなり寿司との関係

まずは、稲荷大神様の使いが、キツネだといわれている理由から説明しますね。

田の神は、稲刈りがおわると山に帰って、山の神になっていました。

春になって、田植えの季節になると山からおりて、田の神になっていたそうです。

キツネは、春に山からおりてきて、秋になると山に帰っていきます。

「稲荷大神様とキツネって似てね?」ってなったんです。

なので、稲荷大神様の使いがキツネといわれるようになりました。

キツネの大好物が、油揚げなんです。

なので、油揚げやいなり寿司をお供えするようになりました。

初午で食べるもの

初午で食べるものはいなり寿司初午団子しもつかれです。

いなり寿司と初午の関係は「↑」で説明しましたね。

ここでは、他の2つを簡単に説明します。

「初午団子」とは

初午では、蚕(かいこ)の神様をまつる行事もやっていました。

繭がたくさんできるように願って、団子を繭の形に似せてお供えしていました。

食べる時は、繭が汚れないように、団子は何もつけずに食べていたみたいですよ。

 

「しもつかれ」とは

栃木県を中心に食べられているものです。

鮭の頭、大根や人参、油揚げ、大豆を酒粕と一緒に煮込む郷土料理です。

七軒の家のしもつかれを食べると、病気にならないといわれているそうです。

なので、近所で分け合って食べるみたいですよ。

まとめ

ということで、

初午とはなに?について。

3分で由来やいなり寿司との関係を紹介しました。

 

・稲荷神社で2月の最初の「午の日」にある神事で、五穀豊穣や商売繁盛、開運、家内安全を祈るお祭り。

・初午では、キツネの大好物の油揚げやいなり寿司をお供えしていた。

 

こんな感じでどうでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク