赤いたぬき

子どものころ、「月にはうさぎがいるんだよ」
なんて教えてもらったことあるよね?

緑のきつね

そんなこともあったかもな

赤いたぬき

1度は言われるよね

緑のきつね

まぁでも今は現実見てっからな

赤いたぬき

今回はお月見について超簡単に説明していくね!

十五夜・お月見とはいつ?について。

意味や由来を3分で超簡単に説明していきます。

十五夜を分かりやすく

・9月7日から10月8日の満月の日。

・必ず15日というわけじゃない。

・お月見が広まったのは江戸時代。

・ススキと団子にはちゃんと意味がある

スポンサーリンク

十五夜っていつ?

十五夜は、9月7日から10月8日の間。

その期間の、満月の出る日が十五夜です。

「中秋の名月」と呼ばれることもありますね。

「秋の真ん中」の、満月の日が十五夜になります。

「秋の真ん中」は、旧暦で8月のこと。

さらに月の真ん中で、15日ということで十五夜と呼ばれています。

 

現代だと9月から10月。旧暦から1、2か月ズレています。

十五夜と呼ばれているのは、旧暦の名残です。

なので、必ず15日の夜ということではないです。

9月だと、ぶどう狩りだったり栗拾いもある時期ですね。

 

ぶどう狩りを3分で知る>>>

 

栗拾いを3分で知る>>>

十五夜、お月見の歴史は?

十五夜・お月見の歴史は、平安時代から。

中国から「十五夜の月見」が伝えられました。

貴族の間で流行ってたみたいです。

 

お酒を酌み交わしながら、詩歌や管弦を聴きながら、船の上で月を愛でる。

月そのものを見るんじゃなくて、川面や盃に入ったお酒に写る月を眺めて楽しんでいました。

緑のきつね

風流だな

 

十五夜・お月見が広まったのは、江戸時代から。

季節的にも、豊作を感謝する日として過ごしていました。

お月見に必要なもの

お月見に必要なものは、「ススキ」「月見団子」「農作物」

この3つと、満月の月で完成です。

1つ1つにちゃんと意味があります。

 

ススキ

ススキには”まよけ”の意味があります。

農作物をちゃんと収穫まで守ってもらうためのもの。

団子

お団子は、“月に感謝を届ける”ことができると言われています。

月見団子を15個準備して、ピラミッドのように積みます。

1番上にあるお団子が、月に感謝を届けることが出来ると言われてます。

お月見団子は丸くして、月に見立てるようにします。

農作物

収穫されたものをお供えすることで、“感謝の気持ち”を表現しています。

里芋を用意することが多いかも。

粟や枝豆でも良いそうです。

地域によって、お供え物に違いがあるみたいです。

十五夜にお月見できない場合

月が雲に隠れていることを「無月(むげつ)」

雨で見えないことを「雨月(うげつ)」

実際に目で見えなくても、そこにはちゃんと月があります。

そのままお月見しちゃっても大丈夫。

やっぱり「月を見ながらがいいな」っていう人は、月が見えるまで待つのも全然アリ。

お月見の名前は20日まで付いています。

・十六夜(いざよい:16日)

・立待月(たちまちづき:17日)

・居待月(いまちづき:18日)

・寝待月(ねまちづき:19日)

・更待月(ふけまちづき:20日)

緑のきつね

なんかかっけーな

まとめ

ということで、十五夜・お月見とはいつ?について。

意味や由来を3分で超簡単に説明していきました。

 

・お月見が広まったのは江戸時代から。

・ススキと団子にはちゃんと意味があって、月に感謝するためにお月見をしていた。

・15日から20日までお月見の名前がある。

 

昔も今も、みんな月が大好きなことが分かりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^