スポンサーリンク

冬の健康法として知られる「寒中水泳」。

寒中水泳って日本でどんな感じなんだろうね。

3分で意味と由来について紹介していくよ。

真冬に水に入る健康法。

海外でもやってるところもあるよ。

寒中水泳すると健康になるっていう話たまに聞くよね。

結局のトコ

・心身の鍛錬。

・海外でもしてるトコがある。

・実際、健康効果はあらしい。

・「寒中」は1月はじめから節分まで。

意味

寒中水泳の「寒中」は、1月はじめから節分までのこと。

1ヶ月ぐらいの期間だね。

寒中水泳は、ほぼ、心身の鍛練のため。

あと、水泳が上手くなるようにするんだ。

真冬に川とか海に入って、水泳や抜手(ぬきて)っていわれる泳ぎをするんだ。

 

入る前はしっかり準備運動。

体を少しずつ濡らして冷水に慣らした方が良いよね。

泳ぐ時間は約10分程度で十分みたいだよ。

ムリしたらアカンやつだからね。

その後は「暖」をとった方が良いよ。

スポンサーリンク

由来・起源

寒中水泳が始まった由来とか起源は分かってないんだ。

でも、明治には始まってたって言われてるよ。

やってるのは日本だけじゃないよ。

ロシア、中国、カナダとか海外の寒い国でもあるんだ。

ほとんどの国で、海とか川でするよ。

どの国でも、水着や下着だけで泳ぐよ。

日本では「ふんどし」って場合もあるよ。

神事、寒稽古として真冬の冷たい海に飛び込む伝統行事もあるんだ。

健康効果

ぶっちゃけ、若干はあるみたい。

寒中水泳は、ただ入るんじゃなくて、体を動かすことがポイントなんだ。

寒いところで体を動かすと、普通の運動よりも血行が良くならしいよ。

体温の低下を抑えられて、風邪を引かなくなるんだ。

体は体温を上げるために脂肪を燃焼させるよ。

ダイエット効果も期待できるんだね。

体の血行が良くなれば、新陳代謝が活発化。

肩こりとか腰痛の改善、肌荒れ予防の効果もあるみたい。

7つのメリット

・心の健康

・脂肪燃焼

・メンタル強化

・ストレス撃退

・免疫力アップ

・水泳が上手に

・刺激的なトレーニング

結局のトコ、メンタルを鍛える的なトコが強いよね。

寒中水泳やるには、気持ちををかなり上げてかないと出来ないね。

想像しただけで寒いしね。寒い以外思いつかないよね。

まとめ

ということで、寒中水泳とは日本で。

3分で意味・由来にいて紹介したよ。

 

・結局、心身の鍛錬っていう意味が強い。

・外国でもしている国があって、少し健康効果がある。

 

こんな感じで寒中水泳は分かったよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク