スポンサーリンク

「四万十川ってなんか良いよね」。

川にも海といっしょで「川開き」があるよ。

でも、そもそも川開きってなんだろうね。

3分で意味と由来を紹介していくよ。

超分かりやすく

・7月から8月。

・はじまりは墨田川。

・川の納涼の季節のお祝い。

・海には海、川には川の神様。

意味

川開きとは、夏に川の納涼はじめを祝う行事のこと。

現代では、花火を打ちあげることが多いんだ。

江戸時代には、隅田川で花火大会をやるようになったんだよ。

今の隅田川の花火大会に受け継がれてるよ。

ちなみに、日本で最初に花火を鑑賞したのは、徳川家康っていわれてるんだ。

由来

川開きの由来は、旧暦六月に行われる水神祭。

現代では、7月とか8月ぐらいにやってるよ。

当時の人々は、海は海の神様川は川の神様って考えたんだ。

水の事故を防ぐために、海とか川の神様にお願いしてたんだ。

 

自然の恩恵を与えてくれる神様への感謝の気持ちを込めるものでもあるんだよ。

それが川開きの他にも、海開きとか山開きの行事が生まれた起源だよ。

スポンサーリンク

いつから始まった?

川開きの始まりは、東京湾の隅田川

享保18年。1733年にはあったみたい。

もとから神事で期間中の安全を祈願するもの

昔も、花火とか物売り舟、屋形船がある賑やかな行事だよ。

ずーっと前からある日本の文化だね。

海開き

海開きとは、夏に海で遊べる準備ができたよっていうのを祝う行事のこと。

海水浴ができるようになって、海の家がはじまるよ。

海で安全に遊べるように整備がされたってことだね。

ライフセーバーとかもいるようになるし、安心だよね。

川の豆知識

少しだけ川の豆知識をご紹介していくね。

日本一長い川

日本一長い川は信濃川。

367kmもあるんだ。

 

日本一幅がある川

東京と埼玉を流れる荒川。2,537m。

実は川幅って川自体の幅じゃないんだ

定義は、堤防から堤防。

実際、荒川の川自体の幅は30mぐらいだよ。

 

日本一流域面積がある川

日本一流域面積がある川は利根川。

16,840㎢あるんだ。

流域面積とは、振った雨が川に入り込んだ場合の範囲全体大きさ

まとめ

ということで、

川開きってなに?

3分で意味と由来を紹介していったよ。

 

・海には海の神様、川には川の神様。

・はじまりは墨田川で花火大会に受け継がれている。

・期間中の安全を祈願する。

 

この3つで川開きは大丈夫だよね。

海開きはよく聞くけど、川開きはあんま聞かなかったね。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク