年中行事、敬老の日ってなんでしょう?

あまり深く考えたことはないですよね。

今回は敬老の日の意味と由来種類や読み方お祝いの色も3分で紹介していきます。

赤いたぬき

「敬老」っていう言葉から、おじいちゃんおばあちゃんの日っていうのは分かるよね!

緑のきつね

お祝いの”色”なんてあるんだな!

スポンサーリンク

簡単に敬老の日とは

・長寿を祝う日。

・9月の第3月曜日(祝日)。

・おじいちゃんおばあちゃんを祝う日。

・アメリカにも敬老の日はある。

意味や由来とは

敬老の日の意味は、「老人を敬愛し、長寿を祝う」ための日です。

由来は、兵庫県にある野間谷村で1947年9月15日に開催された敬老会。

1948年には「こどもの日」、「成人の日」が決められていました。

でも、老人の祝日は決まっていませんでした。

それで、野間谷村の村長が、9月15日を村の祝日にしたそうです。

「としよりの日」をつくって、55歳以上を対象に敬老会を開き始めました。

1964年に、としよりの日から「老人の日」に名前が変わって。

「老人のための祝日もつくった方が良いでしょ」って村全体で声をあげたみたい。

それが伝わって、1965年に9月15日に「敬老の日」がつくられました。

敬老の日の歴史

敬老の日は、9月の第3月曜日

敬老の日はもともと9月15日でした。

2001年のハッピーマンデー制度(祝日法改正)で、9月第3月曜日に変更されました。

このとき国民からは、「日付は変えるべきじゃないだろ」という声も。

・9月15日を「老人の日」。

・9月15日から1週間を「老人週間」。

・9月の第3月曜日を「敬老の日」。

こうして事態はおさまったそうです。

緑のきつね

ちょっとゴチャっとしたんだな

スポンサーリンク

種類や読み方、お祝い色

還暦61歳(満60歳):かんれき

生まれた年の干支に還るから”かんれき”と呼ばれたことが由来。

お祝いの色は

古希70歳:こき

中国の詩人の「人生七十古来稀なり」っていう言葉が由来。

お祝いの色は

喜寿77歳:きじゅ

「喜」という漢字からきています。

草書体(漢字の筆記体のようなイメージ)があるんだけど。

それで書くと、七を3つ書くような感じで、七十七って読めることが由来。

お祝いの色は

傘寿80歳:さんじゅ

「傘」の簡単な略字、「仐」が八十に見えることが由来。

お祝いの色は黄色

米寿88歳:べいじゅ

「米」の字を分けると八十八に見えますよね。

これが由来になっています。

お祝いの色は

卒寿90歳:そつじゅ

「卒」の略字「卆」。九十に見えますね。

お祝いの色は

白寿99歳:はくじゅ

「百」から「一」を取ると「白」になります。

数としても99になることが由来。

お祝いの色は白。

喜寿100歳:きじゅ

百歳が1世紀である事が由来。

お祝いの色は白。

100歳越え

108歳で茶寿(ちゃじゅ)。

111歳で皇寿(こうじゅ)。

119歳頑寿(がんじゅ)。

250歳で天寿(てんじゅ)というのもあります。

緑のきつね

天寿やべーだろ

スポンサーリンク

アメリカの敬老の日

日本以外にも、「敬老の日」があります。

アメリカは、9月第2日曜日。

National Grandparents Day(祖父母の日)。

この日は、家族全員が祖父母の家に集合し、プレゼントとかメッセージカードでお祝いをします。

日本と少し違うのは、日本では家族だけでなく、老人みんなをお祝いしますよね。

アメリカでは、家族の祖父母をお祝いします。

パラオにも5月5日をSenior Citizens Day(高齢者の日)があります。

赤いたぬき

どっちも”お年寄りを大切にすること”を大切にしてるんだ!

まとめ

ということで、

敬老の日について

意味と由来種類や読み方お祝いの色を紹介しました。

 

・長寿をお祝いする日で、いろんな種類と読み方、色もある。

 

これさえ分かれば敬老の日は大丈夫ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^