スポンサーリンク

「GWはいつも仕事です」。

憲法記念日といえば5月3日。

祝日でなんとなく嬉しい。

けど、憲法記念日の意味や由来って知ってるかな。

3分で超分かりやすく紹介していくね。

超分かりやすく

・憲法記念日は、5月3日。

・日本国憲法が出された日。

・日本国憲法には、三大原則がある。

・ほんとは11月3日にしたかった。

意味

憲法記念日といえば、5月3日。

意味とは

「日本国憲法の施行を記念し、国の成長に期する」ってなってるよ。

意味はそのまんま。

日本国憲法が出された記念で、日本の成長に期待するっていう感じだよね。

 

祝日の1つだよね。

1948年(昭和23年)につくられたんだ。

由来

日本国憲法には、三大原則っていうのがあるよ。

三大原則とは

・国民主権

・基本的人権の尊重

・平和主義

学校で習うやつね。

ほんとは11月3日に

11月3日は、明治天皇の誕生日

同じ日に日本国憲法が公布されたんだ。

ほんとは、この日を憲法記念日にしたかったらしいよ。

 

でも、11月3日は、文化の日になったよ。

んで、日本国憲法が施行された5月3日にすることになったんだ。

5月3日になって、ゴールデンウィークっていう長い休みができたよ。

 

公布と施行の意味を簡単に説明するね。

公布とは

新しい憲法を、国民に知らせるために発表するってこと。

 

施行とは

新しい憲法を実際に始めますよっていうこと。

スポンサーリンク

三大原則の意味

国民主権

戦前までは、大日本帝国憲法。

この憲法では、天皇が主役だったんだ。

でも、戦後に日本国憲法ができるよ。

んで、国民が主役になって、国のこととかを決めていくのは国民ってなったんだ

天皇は「象徴」になって、政治には関わらないようになったんだ。

 

基本的人権の尊重

人が生まれながらにもっている権利っていわれてる。

1人1人が、自由と権利を保障されてるってこと。

これは、永久に保障されるよ。

 

平和主義

簡単にいうと、平和を守るために戦争とかしないよってこと。

たとえ、外国と争いが起こっても平和的に解決しるって宣言したんだ。

法律と憲法の違い

超簡単に説明するよ。

法律は、国民に対して守るようにっていってるよ。

憲法は、国に対して守るようにいってるんだ。

なので、憲法は国民を守るためのルールっていうこと。

まとめ

ということで、

憲法記念日について。

3分で由来と意味、文化の日との関係を紹介したよ。

 

・憲法記念日は、5月3日。

・「日本国憲法の施行を記念し、国の成長に期する」。

・ほんとは11月3日の文化の日にしたかった。

 

この3つで分かっちゃうよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク