スポンサーリンク

こどもの日は、ゴールデンウィーク中の1日。

こどもの日が近くなると、鯉のぼりをよくみますよね。

結局、こどもの日ってなんだろう。

3分で意味や由来を紹介していきます。

こどもの日を分かりやすく

・端午の節句の5月5日。

・かしわ餅は、縁起の良い食べ物。

・こどもの幸せと、お母さんにも感謝する日。

・鯉のぼりは、出世とたくましく育ってほしいっていう意味。

こどもの日とは

こどもの日とは端午の節句の5月5日

国民の祝日の1つで、ゴールデンウィークの1日。

5月3日は、憲法記念日

5月4日は、みどりの日

こどもの日の由来

こどもの日の由来は、鎌倉時代

このころから、男の子の成長を願う日に変わっていきました。

 

もともとは、月の始まりを「端午」っていっていました。

端午の「午」は、五という意味。

月初めの5日のこと。

その中で、5という数字が重なる5月5日の日を端午の節句と呼んでいました。

 

昔、中国では端午の節句の時は、薬草を採る日だったんです。

菖蒲(しょうぶ)っていう薬草なんだけど。

「菖蒲」が「尚武(しょうぶ)」と同じ読みだから、武士の間で縁起が良いとされていました。

菖蒲:しょうぶとは

池や川に生えている植物。

おはらいの力があります。

 

尚武:しょうぶとは

武道を大切に考えるということ。

こどもの日の意味

こどもの日の意味は、こどもの幸せと、お母さんに感謝するということ。

祝日法2条(1948年)

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」。

スポンサーリンク

こどもの日は何をする?

鯉のぼりや兜や鎧を飾ったり、かしわ餅を食べたりしますよね。

それぞれ、意味がちゃんとあります。

鯉のぼりの意味

鯉のぼりの意味は、出世とたくましく育ってほしいっていうこと。

鯉のぼりは、五月人形の外飾り。

中国の故事(昔から伝わっている話のこと)が由来。

流れの強い滝を登ろうと、たくさんの魚が挑戦しました。

だけど、登りきったのは鯉だけだったと言われています。

その鯉が竜になった話から、出世できるようにって願われています。

鯉はどのような環境でも生きていけるから、たくましく育ってほしいとの願いもあるんだって。

兜や鎧を飾る意味

兜や鎧を飾る意味は、男の子の安全と成長を願うため。

兜や鎧は、五月人形の内飾り。

武士の家では、兜や鎧は男性にとって身を守るためのもの。

男の子の安全と成長を願うために飾るようになりました。

五月人形は、パパのお下がりじゃない方がいいですよ。

人形が災いの身代わりになってくれているから、子供1人1人に準備できると良いですね。

かしわ餅を食べる理由

かしわ餅は、縁起物として食べられています。

かしわの葉は、「新しい芽がでるまで古い葉が落ちない」っていう特徴があります。

子供が成長するまで、親が生きているという縁起担ぎ。

かしわ餅を食べる地域と、ちまきを食べる地域があるみたいです。

ちまきは、無病息災を願って食べてるんだって。

まとめ

ということで、

こどもの日ってなに?

3分で意味や由来について紹介していきました。

 

・男の子の幸せが願われてる日で5月5日。

・鯉のぼりは、出世とたくましく育ってほしいっていう意味。

 

こんな感じでどうかな。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク