赤いたぬき

衣替えってやってる?

 

緑のきつね

やってねーな
衣替えにやるやらないってあんのか?

 

赤いたぬき

春夏秋冬のある日本の文化なんだ
意味とか時期とか紹介するよ!

 

緑のきつね

んー…。
とりまちょっと聞かせてみてくれよ

 

衣替えとはなに?について。

3分で超簡単に紹介意味や時期していきます。

コツ」なんかもありますよ。

スポンサーリンク

衣替えを超簡単に

・神事としての衣替えは厄払いの意味がある。

・季節の変化に合わせて服をかえること。

・平安時代に中国から伝わってきた。

・衣替えの時期は6月1日と10月1日。

衣替えとはなに?

衣替えとは季節の変化に合わせて服をかえること

衣替えの習慣は、平安時代に中国から伝わってきました。

中国の宮廷で、1年に2回(夏・冬)衣装をかえていた習慣が由来です。

 

明治時代になると、制服の衣替えが決められました。

夏服:6月1日から9月30日。

冬服:10月1日から5月31日。

家庭でも、だいたいこのくらいに衣替えをしていきますね。

緑のきつね

たしかにそーだな

スポンサーリンク

衣替えの意味

衣替えの意味とは夏服と冬服を入れ替えることです。

神事としての衣替えは、季節の節目に服をかえることで厄払いの意味があります。

赤いたぬき

昔は、季節の節目に衣替えすることで、縁起を担いでたっていうのもあるんだって。

 

緑のきつね

そうなのか。
縁起が良いんだったらやるか。

衣替えの時期

衣替えの時期は6月1日10月1日です。

日本の多くは、この2つの時期に衣替えをします。

でも、最近は温暖化もあるので、気温に合わせて時期は少しずれてますね。

 

衣替えの時期を決める時に大切なのは、最高気温です。

これが、目安になっていきますね。

15℃以下:冬物。

15℃~20℃:春物や秋物。

22℃以上:夏物。

20℃~22℃の間は、半そでと長そでの分かれ目になります。

半そでの時は、薄手のカーディガンとかがあると良いですね。

スポンサーリンク

衣替えのコツ

衣替えのコツを紹介します。

季節ごとに分ける

着るものと着ないものに分けます。

着ないものは、次のシーズンまで邪魔にならない場所に保管します。

 

3年以上着ていないものは処分する

洋服の流行は2年と言われています。

なので、2年で処分しても良いんです。

なかなか処分できないという人は、+1年で整理するようにしましょう。

この3年というのは、冠婚葬祭用の服は入りません。

 

しまい洗いをする

汚れが残っていると、虫食いと黄ばみ、シミの原因になります。

なので、しまう前にキレイに汚れを落としておきましょう。

洗ったら、しっかり乾かす(カビ予防)というのも大切です。

 

防虫対策

服を保管する時は、防虫剤を服の上に置くようにしましょう。

まとめ

ということで、衣替えとはなに?について。

3分で超簡単に意味や時期やコツを紹介しました。

 

・季節の変化に合わせて服をかえること。

・平安時代に中国から伝わってきた。

・衣替えの時期は6月1日と10月1日。

 

衣替えのポイントは、この3つです。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク