赤いたぬき

赤ちゃんが産まれた後にやる命名式って知ってる?

緑のきつね

聞いたことはあるな

赤いたぬき

産まれた赤ちゃんの名前をお披露目するんだ

緑のきつね

ほー
なんか見たことはあるな

赤いたぬき

分かりやすく紹介していくね!

命名式について。

書き方といつやるかなどを3分で紹介していきます。

命名式を超簡単に

・赤ちゃんの名前を家族や親族に披露する行事。

・書き方には「正式」と「略式」がある。

・生後7日目にするけど決まりではない。

・お七夜と一緒に行う場合がある。

命名式とはなに?

命名式とは、赤ちゃんの名前を家族や親族に披露する行事です。

なので、別名「名付け祝い」「命名の儀」といわれています。

お七夜と一緒にお祝いすることが多いです。

お七夜を3分で知る>>>

最近では、命名式のみで簡単にお祝いする家庭が増えてきています。

命名式はいつ?

命名式はいつ行うのかというと。

それは、生後7日目です。

お七夜と一緒にお祝いすることが多いので、この日に名前のお披露目をします。

 

赤ちゃんが産まれると出生届を生後14日以内に提出しますね。

「生後7日目で名前が決まっていない」、なんて悩んでいることもあるんじゃないでしょうか?

生後7日目を過ぎてから命名式を行っても大丈夫です。

最近は、お七夜はしないってこともります。

 

「命名式だけのお祝いってどうするの?」って思いますよね。

それは、命名書に赤ちゃんの名前を書いて、神棚や赤ちゃんのベットの所に飾ってお祝いをする方法です。

祝い膳などは準備しないで、記念撮影をしておわりの場合がほとんどです。

スポンサーリンク

命名書の書き方

命名書の書き方を紹介します。

まず、準備するものは「命名書」「筆ペン」です。

命名書

正式には「奉書紙(ほうしょがみ)」といわれています。

昔は、厚手の和紙を使っていたようですが、今は色紙や半紙を使っています。

赤ちゃん用品を売っているお店などで購入できます。

 

筆ペン

筆ペンは濃い色のものを準備します。

筆で書いても良いので、墨汁とかでもOK。

次は、書き方です。

書き方には「正式」「略式」があります。

正式な命名書の書き方

①真ん中に「命名」と書いて、その下に赤ちゃんの名前を書きます。

②お父さんの名前を書きます。

③お父さんの隣にお母さんの名前を書きます。

④お父さんとお母さんの名前の下に、赤ちゃんの続柄を書きます。

⑤右端に赤ちゃんの生年月日を書きます。

⑥左側に命名式を行った日を書きます。

⑦赤ちゃんの名前をつけた人を書きます。

命名書を書いたら、3つ折りにした外側に「命名」を見えるように書きます。

これを三方に乗せて神棚に飾ります。

 

略式の命名書の書き方

①真ん中に「命名」と書いて、その下に赤ちゃんの名前を書きます。

②お父さんの名前を書きます。

③お父さんの隣にお母さんの名前を書きます。

④お父さんとお母さんの名前の下に、赤ちゃんの続柄を書きます。

⑤右端に赤ちゃんの生年月日を書きます。

緑のきつね

略式の方がよく見るな

まとめ

ということで、

命名式の疑問について。

書き方といつやるかなどを3分で紹介しました。

 

・赤ちゃんの名前を家族や親族に披露する行事。

・命名式は生後7日目に行うが、決まりではない。

・命名書の書き方には「正式」と「略式」がある。

 

命名式は、この3つのポイントを覚えておけば大丈夫。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^