スポンサーリンク

2018年11月29日に、ユネスコ無形文化遺産に決定しましたね。

でも「なまはげ」って東北以外の人には、いまいち分からなかったりしますよね。

なまはげってなに?という疑問に3分で説明していきます。

日本の文化が、ユネスコに登録されることは嬉しいです。

超簡単に説明

・なまはげとは、神の使い。

・無病息災や豊かさをもたらしてくれる。

・ユネスコとは、国連教育科学文化機関。

・人から人へ継承されていく伝統工芸のこと。

ユネスコ無形文化遺産とは?

ユネスコの正式名称は、国連教育科学文化機関です。

正式名称は聞きなれないですね。

無形文化遺産とは、人から人へ継承されていく祭礼や伝統工芸などのことです。

他には、習慣や音楽などもあります。

「なまはげ」ってなに?

男鹿半島(おがはんとう)周辺で行われている風習です。

仮面をつけて藁の衣装をまとっているのが印象深いですね。

なまはげは、神の使い(来訪神)と言われています。

なまはげは、いつ行われる?

大晦日の夜に、地域の家を回っていきます。

「泣く子はいねがー、親の言うこど聞がね子はいねがー」。

「ここの家の嫁は早起きするがー」と大きな声で叫びます。

なまはげの意味は?

無病息災、田畑の実り、山・海の幸をもたらす来訪神とされています。

なので、なまはげを迎える家は丁重にもてなします。

スポンサーリンク

来訪神が無形文化遺産に登録

今回、無形文化遺産に登録されてのは「なまはげ」だけではないんです。

8県10行事の来訪神が登録となりました。

岩手県:吉浜(よしはま)のスネカ。

宮城県:米川(よねかわ)の水かぶり。

山形県:遊佐(ゆざ)の小正月。

石川県:能登(のと)のアマメハギ。

佐賀県:見島(みしま)のカセドリ。

鹿児島県:悪石島(あくせきじま)のボゼ、薩摩硫黄島のメンドン。

沖縄県:宮古島(みやこじま)のパーントゥ。

この9行事に、すでに登録されていた甑島(こしきじま)のトシドンを加えます。

地元の人じゃないと、分からない行事ばかりですね。

日本の無形文化遺産は21個

日本の無形文化遺産は21個あります。

登録された年代別に、ご紹介していきますね。

2008年

・能楽(のうがく)。

・人形浄瑠璃文楽(にんぎょうじょうるりぶんらく)。

・歌舞伎。

2009年

・雅楽(ががく)。

・小千谷縮(おぢやちぢみ)・越後上布(えちごじょうふ)。

・石州半紙(せきしゅうわし)※2014年の和紙に加えられた。

・茨城県:日立風流物(ひたちふうりゅうもの)※2016年の山・鉾・屋台行事に加えられた

・京都府:京都祇園祭の山鉾(やまほこ)行事※2016年の山・鉾・屋台行事に加えられた

・鹿児島県:甑島のトシドン(2018年の来訪神に加えられた)

・石川県:奥能登(おくのと)のあえのこと。

・岩手県:早池峰神楽(はやちねかぐら)。

・宮城県:秋保(あきう)の田植踊。

・神奈川県:チャッキラコ。

・秋田県:大日堂舞楽(だいにちどうぶがく)。

・奈良県:題目立(だいもくたて)。

・北海道:アイヌ古式舞踊。

2010年

・組踊(くみおどり)。

・結城紬(ゆうきつむぎ)。

2011年

・広島県:壬生(みぶ)の花田植。

・島根県:佐陀神能(さだしんのう)。

2012年

・和歌山県:那智の田楽。

2013年

・和食。

2014年

・和紙。

2016年

・山、鉾、屋台行事。

まとめ

ということで、

ユネスコ無形文化遺産に決定!

そもそも「なまはげ」ってなに?3分で理解でした。

聞きなれない名前のものがたくさんでしたね。^^:

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク