スポンサーリンク

お正月気分が抜けてきたころ七草粥って食べるよね。

胃にやさしい感じで、あったかくてホッとするね。

でも、七草粥の意味と由来って何だろう。

3分で超簡単に紹介していくね。

七草粥って、もちろん知ってはいるけど詳しくは知らないよね。

食べる理由と時期を知っとくとなんか”徳”な感じがあるかも。

超簡単に七草粥とは

・七草粥は7つの野菜を入れるお粥。

・入れる7つの野菜は決まってる。

・無病息災を願う由来がある。

・はじめは1月7日に食べられてた。

春の七草とは

春の七草とは、七草粥に入れる野菜のこと

七草粥に入れる野菜は決められているんだ。

あまり聞きなれないのが多いよ。

・セリ。

・ナズナ。

・ゴギョウ。

・ハコベラ。

・ホトケノザ。

・スズナ。

・スズシロ。

聞いたことがないようなのが多いけど、この7つ。

最近は、1月になると7つセットになって売ってるんだって。

だから全部を1つ1つ揃えて調理する人は減ってきているかもね。

スポンサーリンク

七草をおぼえる歌

七草をおぼえる歌があるんだって。

5・7・5・7・7の感じでおぼえれるみたい。

・5 → せり・なずな

・7   → ごぎょう・はこべら

・5   → ほとけのざ

・7   → すずな・すずしろ

・7   → 春の七草

適当に自己流で口ずさんでおぼえちゃって全然良いと思うよ。

七草粥を食べる理由

なんでお正月がおわる頃に七草粥を食べるんだろうね。

それは、七草粥って無病息災を願う由来があるんだって。

疲れた身体をいたわる意味があるんだってさ。

お正月におせち料理やたくさんのご馳走を食べたあとに、胃をいたわる役割もあるんだ。

七草粥の由来

七草粥が食べられるようになったのにも由来があるよ。

お正月に、家族みんなの健康と無病息災を祈って1月7日に食べられたのが由来なんだって。

7ばっかりでなんとなく良い感じもするよね。

体に良くて、胃にやさしい七草粥を家族みんなで食べて、みんなの健康が願われているんだ。

七草粥を食べる時期

むかしは、七草粥を食べる日は1月7日って決まってたんだって。

もともと、むかしの中国で、1月7日は無病息災と出世を願う行事があったんだ。

日本にもその風習が伝わって、七草粥を食べるようになったんだね。

大切なのは、家族が健康で過ごせることを祈ることかもね。

今は、あまり日にちを気にしなくても良い気がするよね。

家族みんなが集まったときに、七草粥を食べちゃおう。

まとめ

ということで、七草粥ってなに?

意味と由来を3分で超簡単に紹介でした。

・七草粥は7つの野菜を入れるお粥で入れる野菜は決まってる。

・もともと1月7日に食べられてた。

・家族の元気を願う行事。

この3つで七草粥は攻略だよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク