スポンサーリンク

おこと汁っていう料理を聞いたことありますか?

意外に知らない人もいるし、食べたことないかもっていう人もいるかもしれないですね。

この機会に、どんな食べ物か知っちゃってください。

おこと汁とはなに?について。

3分で意味や由来、いつ食べるかを紹介していきますね。

おこと汁をわかりやすく

・食べる日は、12月8日と2月8日。

・別名「六質汁(むしつじる)」。

・無病息災、豊作祈願を願っている。

・名前の由来は、事始め、事納め。

おこと汁とは

おこと汁とは野菜たっぷりの味噌汁のことです。

漢字にすると「御事汁」と書きます。

また、別名「六質汁(むしつじる)」とも呼ばれています。

六質汁と呼ばれていた理由は、

芋、大根、にんじん、ごぼう、小豆、こんにゃくの6種類の具材を入れてつくられた味噌汁のことを「おこと汁」としていたから。

今は、この6種類以外の具材も入っていて、くわいや焼き栗、焼き豆腐とかが入っているおこと汁もあります。

スポンサーリンク

おこと汁の意味や由来

おこと汁の意味は、無病息災豊作祈願です。

この2つのお願いをしながら食べる風習です。

 

おこと汁の名前の由来は、事始め事納めに食べるからだといわれています。

始めとは

農作業を始める日のことです。

旧暦の2月8日です。

12月8日としている地域もあったようですね。

 

納めとは

農作業を終えて、お正月の準備をする日のことをいっています。

旧暦の12月8日です。

2月8日としている地域もあったようです。

おこと汁を食べる日

おごと汁を食べる日は、2月8日12月8日です。

2月8日は、「事の日」といわれています。

農作業を始める日です。

事の日の「事」は祭事のことです。

事の神は、「田の神や農神」を表しています。

12月8日は、農作業を終える日。

おこと汁を食べる日とされていました。

なので、豊作祈願と無病息災を願いながら食べたんですね。

根菜がたくさん入っていて体を温める効果があるから、健康で元気に仕事をスタートできるようにという意味もあるみたいですよ。

ちなみに、2月8日は「針供養の日」でもあります。

まとめ

ということで、

おこと汁とはなに?

3分で意味や由来、いつ食べるかを紹介しました。

 

・おこと汁は、野菜たっぷりの味噌汁。別名「六質汁(むしつじる)」。

・無病息災、豊作祈願を願って、12月8日と2月8日に食べる。

・名前の由来は事始めと事納め。

 

体を温めるだけじゃなくて、おこと汁には豊作を願う気持ちも込められていますよ。

決まった日には食べたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク