スポンサーリンク

大晦日といえば、12月31日。

でも、そもそも大晦日ってなに?

3分で意味や由来をご紹介していくよ。

簡単に理解しよう

・月の最後の日を晦日、1年の最後の日を大晦日。

・歳神様(としがみさま)を迎える準備をする日。

・年越しそばは、厄を断ち切るという意味。

・除夜の鐘は108回(煩悩の数)。

大晦日の意味とは?

大晦日は12月31日、1年の最後日だよね。

大晦日の意味はまず「晦日」から。

晦日とは

読み方は、みそか、かいじつ、つごもり。

晦日というのは、毎月の最後の日。

晦日の「晦」は、月が隠れるっていう意味なんだって。

旧暦で、月が隠れる頃がだいたい30日だったから30日を晦日って呼んでたんだ。

だけど、新暦になった時にひと月が30日でおわらない日がでてきたんだ。

それで、月の最後の日っていう意味に変わっていったみたいだよ。

月の最後の日が「晦日」で、1年の最後の12月31日を「大晦日」っていうんだ。

大晦日の由来とは?

平安時代のころの大晦日。

お正月に歳神様(としがみさま)を迎える準備をする日

だから、年末までに大掃除をするんだ。

神様を迎えるのに、お家が汚いとダメだよね。

歳神様は、豊作の神様。

食べるのに不自由しないように、昔から大切にされてきたよ。

大晦日のセット

大晦日は、年越しそばと、除夜の鐘はセットだよね。

年越しそばとは

蕎麦は他の麺より切れやすいので、その年の厄を断ち切るっていう意味があるんだって。

他にも、麺は細長いから長寿の願いがあるんだ。細く長くってやつだね。

 

除夜の鐘とは

12月31日から1月1日変わるときにお寺で鐘を鳴らすやつだね。

人には108つ煩悩(ぼんのう)があるっていわれてるよ。

煩悩っていうのは、欲望や苦しみのこと。

108回鐘を鳴らすことで煩悩を断ち切るんだ。

 

除夜とは

除夜は、除日の夜のことをいいます。

「除」というのは、古いものから新しいものにっていう意味があるよ。

 

年の湯とは

1年の汚れを落として、きれいな体で新年を迎えるためのお風呂。

スポンサーリンク

世界のカウントダウン

除夜の鐘を聞きながら新しい年を迎えるのが日本って感じだよね。

世界の年越しってどんな感じなんだろ。

・ニューヨークのタイムズスクエア

高層ビルに紙吹雪が舞って花火が上がってっていう感じ。

なんとなく見たイメージがあるんじゃないかな。

 

・ラスベガス

普通の日もネオンがキラキラしていて凄いよ。

カウントダウンってなるとパワーアップしてる。

花火もめっちゃ上がるしね。

 

・ヨーロッパ

有名な観光名所と花火のコラボ。

フランス・パリでは、エッフェル塔との花火。

イギリス・ロンドンでは、ビックベンと花火。

まとめ

ということで、大晦日ってなに?

3分で意味や由来について!でした。

 

・大晦日は12月31日で歳神様を迎える準備をする日。

・除夜の鐘で108つの煩悩を追い出す。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク