冬に食べると身も心も温まるのが、おしるこですよね。

実は、おしるこって関西と関東で違いがあります。

おしるこ自体の由来や起源、ぜんざいとの違いなども知らない人は多いのではないでしょうか。

おしるこの由来や起源3分で紹介していきます。

ぜんざいとの違いもちゃんとあります。

赤いたぬき

おしるこって美味しいよね!

緑のきつね

うめぇーけど”ぜんざい”との違いなんて気にしたコトなかったぜ…。
ぶっちゃけどうでも良くね?

赤いたぬき

まぁそう言わずに!知っといて損はないよ!

おしるこを分かりやすく

・漢字では「お汁粉」。

・江戸時代の「餡汁子餅」が由来。

・江戸時代の「すすりだんご」が起源。

・ぜんざいとの違いは、関西と関東でも違う。

スポンサーリンク

おしるこの由来

おしるこの由来とは、江戸時代の餡汁子餅です。

餡汁子餅とは、

餡の汁の中に、具材の子(実)として餅や団子を入れてあるもの。

今とは違って、塩味の食べ物でした。

これがだんだんと形を変え、略されて「汁子」になりました。

それがさらに「汁粉」になったと言われています。

おしるこの起源

おしるこの起源とは、江戸時代のすすりだんごと言われています。

当時は、塩味で酒のあてとして作られていました。

それがだんだんと地方によって、形を変えてきています。

酒のあてではなく、おやつ感覚で食べられるように甘くなったとも言われています。

・宮城県では、ずんだ汁。

・大阪府では、田舎汁粉。

・すすりだんごは、大分県などに残っている。

トウモロコシ団子の汁粉、すいとんなどがすすりだんごと言われる場合もあります。

緑のきつね

けっこー種類があるんだな

ぜんざいとの違いは?

「おしるこ」と「ぜんざい」の違いを紹介しますね。

関西と関東でも、別物みたいな感じです。

おしることは

汁気のあるあんこにお餅が入ったもの。

関西こしあんを使った温かい汁物。焼いた餅や白玉を入れる。

関東:小豆あん(粒あん・こしあん)の温かい汁物。

 

ぜんざいとは

関西と関東で意味が違います。

関西あんを使った温かい汁物。

関東:焼いたお餅に汁気のないあんこを添えたもの。

緑のきつね

オレはこしあん派だぜ!

ぜんざいの豆知識

漢字で、「善哉」と書きます。

語源は、「善哉善哉(よきかな、よきかな)」という言葉。

お釈迦様が良いことをした弟子を褒めた言葉です。

ぜんざいを食べた時に美味しくて「善哉」っていったんだって。

この「善哉」を音読みするようになりました。

まとめ

ということで、おしるこの由来や起源を3分で説明。

ぜんざいとの違いも紹介していきました。

 

・漢字で「お汁粉」、江戸時代の「餡汁子餅」が由来。

・江戸時代の「すすりだんご」が起源。

・ぜんざいとの違いは、関西と関東で違う。

 

おしるこを食べて、体も心も温まりましょう^^

最後まで読んでいただきありがとうございます^^