スポンサーリンク

立冬ってわかるかな。

呼び方は「りっとう」っていうんだけど。

これも暦のなかの1つで、冬が立つ日。

簡単にいっちゃうと、冬の入り口みたいな意味合いがあるんだよね。

でも、立冬ってなに?ってなるとよく分かんないよね。

3分で簡単に説明していくね。

超簡単に立冬とは

・暦(こよみ)の中の1つ。

・11月7日が立冬。

・4年に1回ズレて11月8日。

・冬への準備期間みたいな感じ。

立冬っていつ?

11月7日だね。

立冬っていうのは、暦の中にある日なんだ。

暦っていうのを分かりやすく説明するね。

暦とは

1年は12個の月に分かれているよね。

暦、つまり東洋風のカレンダーみたいな感じのなんだけど、その中でもたくさん区切りがあるんだ。

大きな区切りが12あって、そしてその中にまた区切りがある。

全部で、24の節目があるっていうことになるよね。

その1つが立冬なんだ。

4年に1回ズレる

この立冬っていうのは、11月7日って決まっているんだ。

でも、4年に1回だけズレて11月8日になることがあるんだ。

4年に1回、うるう年っていう2月が29日まである年があるのと同じことなんだって。

立冬の由来

立冬っていうけど、11月だしあんまり冬って感じがしないよね。

これには、ズレが関係してるんだ。ひとつには暦。

暦は、中国でつくられたものなんだ。

だから中国の季節感が、そのままそこに使われているんだって

スポンサーリンク

もうひとつは、明治より前に、もともと旧暦というものがあったみたい。

この旧暦にあてはめていたものを、新暦っていう明治より後にできた暦に当てはめなおしたんだって。

だから、ズレが大きくなってきたんだ。

それでどうしても、日本の季節感に合わないところが出てくるんだね。

立冬のいべんと

冬至だと、かぼちゃを食べたり柚子湯に入ったりという風習が有名だよね。

でも、この立冬には、特にそんないべんと的なことはないみたいだね。

暦では、立冬から次の節目まで15日間あるんだ。

むしろ冬への準備期間みたいな感じにされてるっぽいんだよね。

ただ、今ではあまり見られない習慣だけど、昔は、「亥の子の日」っていうのがあったんだって。

どんな意味かっていうと、

この亥は、水を意味していて、火に強いとされているんだ。

これからはじまる冬の間の火の災い除けを願って、この日に火を使いはじめたんだって。

「こたつ開き」とか「炉開き」っていうやつで、この日に合わせて、こたつとか炉に火を入れ始めるっていうものなんだ。

まあ、今では火を使うこたつとかってなくなったから、こういう風習もなくなってきちゃったんだろうね。

まとめ

ということで、立冬ってなに?

3分で簡単に説明していったよ。

・暦の中の1つで11月7日が立冬。

・4年に1回ズレちゃって11月8日。

・冬への準備期間みたいな感じ。

この辺をおさえておけば立冬は大丈夫だよね。

立冬になると、立冬だから冬支度しなきゃって感じになるよね。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク