スポンサーリンク

クリスマスが近くなったら街でよく見かけるサンタクロース。

でも、そもそもサンタクロースってなに?

子どもに「サンタクロースってなに?」「サンタさんはどこに住んでるの?」。

と、子どもに聞かれてもすぐ答えられるように、3分で起源と由来を説明します!

サンタクロースの家も教えてあげましょう。^^

簡単にサンタクロースとは

・子供の守護聖人・ニコラウスがモデル。

・フィンランドにサンタの村がある。

・トナカイは8頭。名前も意味もある。

・9頭目のトナカイは”赤鼻のトナカイ”。

サンタクロースの起源は?

サンタクロースの起源とは、4世紀頃、ヨーロッパに実在した守護聖人のニコラウスがモデルです。

子どもの守護聖人として子どもたちを助けたり、喜ばせてくれる存在だったのです。

子どもに贈り物をしていたことが、サンタクロースの始まりとなったんですね。

守護聖人のニコラウスは12月6日に亡くなったので、いまでもヨーロッパでは、「聖ニコラウスの祝日」の12月6日にクリスマスを祝う地区もあります。

現代では、サンタクロースはクリスマスになると家の煙突から入ってきて、そっとプレゼントをくれると言われていますね。

サンタクロースの由来は?

クリスマスのシンボルとなった「サンタクロース」はヨーロッパの古代都市に実在した司教さんの「ニコラウス」です。

では、聖ニコラウスという名前がどうやってサンタクロースになったんでしょうか?

有力な説は、聖ニコラウスは「サンタ・ニコラウス」と呼ばれており、ドイツ語発音で「シンタ・クラース」に変わりました。

やがて移民が増えたアメリカにて「サンタ・クロース」に変わったと言われています。

サンタ・ニコラウス → シンタ・クラース → サンタ・クロース

サンタさんの家は?連絡先ある?

サンタクロースはフィンランド北部、ラップランド地方にあるサンタクロース村に住んでいます。

子どもに「サンタさんはどこに住んでいるの?」と聞かれたら、「フィンランドの寒い村だよ」と教えてあげましょう。

サンタ村へ行くと、朝の9時から夕方の間に本物のサンタさんに会うことができます。

日本からはフィンランドのヘルシンキへ直行便の飛行機で9時間半、そこからサンタ村があるロヴァニエミ市まで国内線に乗り換えて1時間20分かかります。

日本からはかなり遠いですね。^^;

スポンサーリンク

ソリを引くトナカイの名前

ソリを引くトナカイは8頭。

その8頭にはちゃんと名前があるんですよ。

そして意味もあります。

・ダッシャー ・・・ Dasher(突進・急ぐ)

・ダンサー  ・・・ Dancer(踊る・跳ねる)

・プランサー ・・・ Prancer(威勢よく進む)

・ヴィクセン ・・・ Vixen(口うるさい)

・コメット  ・・・ Comet(彗星)

・キューピット・・・ Cupid(天使)

・ドンダー  ・・・ Donder(雷鳴)

・ブリッツェン・・・ Blitzen(稲妻)

赤鼻のトナカイ

赤鼻のトナカイの名前はルドルフ

ソリを引く8頭とは別です。^^

実は、途中から仲間入りしたようですよ。

1939年に出された童話。「ルドルフ・赤鼻のトナカイ」。

アメリカの作家、ロバート・メイという人の作品ですね。

この後にアニメなどで有名になったようです。

まとめ

サンタクロースについて子どもにも説明しやすいように簡潔に3分でまとめました。

・ニコラウスという子どもを守っていた人がモデル。

・フィンランドの寒いトコにサンタの村がある。

・トナカイは8頭。名前も意味もある。

・9頭目が有名な”赤鼻のトナカイ”のルドルフ。

こんな感じでどうでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク