スポンサーリンク

七福神はみんな笑顔の神様ですよね。

船に乗っているイメージが強いです。

七福神とは、福をもたらす日本の神様のことです。

恵比寿、大黒天、福禄寿、毘沙門天、布袋、寿老人、弁財天の7人です。

名前は聞いたことがありますよね。

それぞれがちゃんと意味を持っていますよ。

七福神とはなに?について。

3分で由来や起源を紹介していきますね。

七福神を分かりやすく

・7人の神様。

・七福神の起源は神様によって違う。

・七つの難を逃れて七つの幸せを授かれる。

・船に乗ってるのは「海の向こうからやってくる」から。

七福神とはなに?

七福神とは、恵比寿、大国天、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人、布袋の福をもたらすとされる7人の神様

七福神を拝むことで、7つの難を逃れて7つの幸せを授かれると言われています。

それぞれの神様を紹介していきますね。

恵比寿(えびす)

7人の神様の中で、ただ1人の日本の神様です。

漁業の神様で、商売繁盛、五穀豊穣の神様として信じられています。

あの鯛と釣り竿を持っている神様ですね。

大黒天(だいこくてん)

財産の神様です。

農業の神様でもあります。

毘沙門天(びしゃもんてん)

仏教世界の守護神である四天王の1つです。

別名「多聞天(たもんてん)」とも言います。

融通の神様です。

弁財天(べんざいてん)

唯一の女性の神様です。

知恵財産、愛嬌縁結びの神様です。

福禄寿(ふくろくじゅ)

寿老人と同じ神様とされることもあります。

人望の神様です。

寿老人(じゅろうじん)

福禄寿と同じ神様とされることもあります。

長寿延命の神様です。

布袋(ほてい)

いつも笑顔を絶やさない神様だったそうです。

笑門来福、夫婦円満、子宝の神様です。

それぞれ役割が違うので、自分の願いを叶えてくれる神様にお願いしましょう。

七福神の起源とは?

七福神の起源とは、神様によって違います。

日本が起源なのは、恵比寿。

インドが起源なのは、大黒天、毘沙門天、弁財天。

中国が起源なのは、福禄寿、寿老人、布袋。

スポンサーリンク

七福神の由来

七福神の由来とは最澄(さいちょう)大黒天を台所の神様として祀ったことが由来です。

最澄とは

平安時代の僧侶で、遣唐使のメンバーの1人です。

日本で天台宗というのを広めた人です。

大黒天と一緒に、日本由来の恵比寿を信仰していきました。

その後も、神様がどんどんと増えていって、室町時代七福神になったのも由来です。

宝船に乗っているのは、七福神が海の向こうからやってくると言われているからです。

七つの難・七つの福

七福神には、「七難即滅・七福即生」という言葉があります。

ここから七福神の信仰がはじまったとも言えます。

「世の中の大きな難はすぐ消滅して、七つの福が生まれる」ということ。

意味は、「難を滅ぼし福を呼ぶ」ということです。

 

七難とは

水害・火災・風害・旱害・盗難

太陽の異変・星の異変

 

七福とは

大量・寿命・有福・人望・威光・愛敬・清廉

まとめ

ということで、七福神とはなに?

3分で由来や起源を紹介しました。

 

・7人の神様の総称で、神様それぞれのご利益がある。

・最澄(さいちょう)という僧侶が由来をはじめた。

 

自分の願いごとによって、その願いに強い神様にお願いすると良いかもですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク