スポンサーリンク

子どもたちの一大いべんと「七五三」。

でも結局のところ、七五三ってなんだろう

3分で意味や由来を紹介していきます。

子どもに説明できるように、意味や由来を知っておきたいですよね。

簡単に七五三とは

・11月15日。

・男の子は3歳と5歳。

・女の子は3歳と7歳。

・千歳飴は健やかな成長と長寿。

七五三の由来

七五三の由来は、平安時代

「7歳までは神の子」という言葉があったくらい、子どもは病気で早く亡くなることが多かったんです。

だから、3歳、5歳、7歳の誕生日を迎えることは、とてもおめでたい事。

 

昔は、3歳から5歳、7歳になるころが危ない時期。

無事に乗り越えて、健やかな成長を氏神様にお祈りするようになったんです。

この儀式が、江戸時代、明治になっていくと全国に広まっていったみたいです。

現代では、昔ほど病気で亡くなる子どもはいないですよね。

でも、子どもが健康に育つように願う親の気持ちは変わらないですよね。

こどもの日にも、似た意味合いがあります。

七五三のお祝いをする年齢

七五三のお祝いをする年齢は、男の子と女の子で違いますよね。

間違えないようにしましょう。

男の子は、3歳と5歳。

女の子は、3歳と7歳。

七五三の意味

七五三は3歳、5歳、7歳にちゃんとお祝いする意味があります。

3歳

男の子と女の子のお祝いです。

髪置(かみおき)と呼ばれてて、髪を伸ばすお祝い。

昔は、男女とも髪を伸ばしはじめる時期が3歳だったんです。

 

5歳

男の子をお祝いします。

男の子が、初めて袴をはくお祝いです。

袴着(はかまぎ)っていわれています。

 

7歳

女の子をお祝いします。

女の子が、初めて帯を締めるお祝いです。

帯解(おびとき)っていわれています。。

スポンサーリンク

なぜ11月15日?

11月15日になってるのには、いろんな説があります。

徳川家光の説

将軍、徳川家光の子供、「徳松」は体が弱かったんです。

家光が、子供の健康を神に願った日が11月15日です。

神に子供の成長を願った後、本当にスクスク成長しました。

それで、七五三が全国に広まっていったそうです。

「鬼が出歩かない」の説

神社へお参りへ行くのが吉っていわれてる日。

11月15日は、鬼が出歩かない日「鬼宿日」なんです。

今では、11月15日にお参りすることに、こだわってないですね。

11月中とか、家族の都合に合わせてお祝いすることが多くなってきています。

千歳飴(ちとせあめ)とは

七五三といえば千歳飴。

千歳飴の由来は、江戸時代

おめでたい、紅白の長い飴がつくられるようになりました。

長く伸びる飴には、健やかな成長と長寿の願いが込められています。

千歳飴の袋には、「寿」や「松竹梅」の文字。

縁起の良い、「鶴」や「亀」が描かれていることが多いですよね。

最近では、ママ友とか近所の人にもあいさつで配ることもあるそうです。

まとめ

ということで、

七五三ってなに?

3分で意味や由来について紹介していきました。

 

・11月15日で男の子は3歳と5歳。女の子は3歳と7歳。

・健やかな成長と長寿を願っている。

 

この2つは知っっておきたいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク