スポンサーリンク

精進揚げっていう料理があります。

名前の通り「精進料理」です。

赤いたぬき

精進揚げ(しょうじんあげ)って知ってる?

緑のきつね

油揚げしか知らねーよ

赤いたぬき

そっか…。
じゃあ超簡単にだけど紹介するね。

精進揚げとはなに?について。

天ぷらとの違いも3分で紹介していきます。

精進揚げを分かりやすく

・精進料理の1つ。

・天ぷらの違いは「揚げる食材」。

野菜を中心に衣をつけて揚げたもの。

・精進明けは、普段通りの食事ができるように。

精進揚げとはなに?

精進揚げとは、仏事の時(お盆など)に出ます。

野菜を中心に衣をつけて揚げたものです。

精進料理の1つになります。

精進料理とは、

仏の道を歩む人が食べる野菜中心の食事です。

動物性食品を使わないようになっています。

精進揚げをつくる時、衣には卵をいれないなどの工夫もされています。

天ぷらとの違い

天ぷらとの違いとは揚げる食材です。

天ぷら :魚介類も揚げる。

精進揚げ:野菜中心に揚げる。

 

食材以外の違いは、この2つ。

・衣に卵をいれないこと。

・地域によっては、昆布だしで薄力粉を溶きます。

緑のきつね

違いってそんだけかよ

スポンサーリンク

精進明けとは?

精進明けとは、喪に服す期間が明けて、普段通りの食事ができるようになること。

「精進落とし」とも言います。

喪に服す期間というのは

魚やお肉を食べてはいけない期間。

殺生がダメなので、野菜中心の食事です。

この期間は、故人の供養、参列者への感謝やお清めをします。

精進明けの豆知識

精進明けの豆知識を紹介しますね。

もともとは、四十九日の忌明けの時の食事会

この時に、“明け”なので肉とか魚が食べれるようになります。

近年では葬儀の時に行ったり、初七日法要の時に食事会を行うように変わってきています。

 

四十九日まで魚やお肉を食べれないっていうのは、今の時代少し難しかったりしますよね。

時代の流れの中で少しづつ変わっていきながら、受け継がれているんです

緑のきつね

昔は大変だったんだな

赤いたぬき

今も違った形で続いてはいるんだね

お祝いではないので伊勢海老や鯛とかは基本的に出しません。

故人と縁があった人が冥福を祈り、故人をしのぶ食事会です。

まとめ

ということで、精進揚げとはなに?

3分で天ぷらとの違いも紹介しました。

 

・精進料理の1つで、野菜を中心に衣をつけて揚げたもの。

・精進揚げと天ぷらの違いは、揚げる「食材」。

・精進明けは、普段通りの食事ができるようになる。

 

この3つのポイントをおぼえておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^