7月のいべんと七夕。

なんとなーく、織姫と彦星の星空の話っていうことは知っていますよね。

みんな、ステキな恋愛話と思ってるけど、真実はそうでもないみたいです。

七夕がいべんとになった意味や由来ってなんでしょう。

赤いたぬき

織姫と彦星の真実って意外なんだよね

緑のきつね

へーそうなのか?
恋愛的な感じだろ?

赤いたぬき

それだけじゃないんだよ(ニヤリ)

緑のきつね

ッチ
ちょっとおしえてみろよ

七夕について。

由来を3分で超簡単に紹介しますね。

短冊の由来やお願い事の書き方も紹介していきます。

スポンサーリンク

七夕を分かりやすく

・節句(季節の節目)の1つ。

・語源は、ズバリ棚機(たなばた)。

・織姫と彦星の真実は、なまけもの。

・天の川が1番輝くのは8月7日頃。

七夕の語源とは

七夕の語源は、ずばり棚機(たなばた)

棚機って聞きなれない言葉ですよね。

これは、機織り機(はたおりき)のこと。

当て字で七夕(たなばた・しちせき)になりました。

七夕の由来

七夕の由来とは、奈良時代。

節句の一つが七夕。

季節の節目を祝う行事として、長く愛されてきました。

昔は、願い事を叶えてもらう日っていうよりも、祝い行事でした。

「野菜がたくさん実りますように」。

「秋にお米がたくさん収穫されますように」。

神様に向かって、この時期にお願いします。

今では、「織姫と彦星」という七夕の話。

天の川を見ながら、お願い事をしますよね。

ちなみに、

琴座(ことざ)のベガは、裁縫の仕事の星。

鷲座(わしざ)のアルタイルは、農業の仕事の星。

2つの星の間にたくさん輝く星を、「天の川」って言います

天の川が、1番輝くのは旧暦の7月7日。

いまの暦では、8月7日頃が見頃です。

天の川ってことではなけど7月には、川開きというのもあります。

川開きを3分で知る>>>

織姫と彦星の真実

超簡単に紹介しますね。

この話を聞くと、七夕のイメージが変わっちゃう人もいるかも。

それでも良いっていう人だけ読み進んでみて下さい。

昔、天の川の東に織物をするのが上手な織姫がいました。

この織姫は、いつも織り物ばかりしていました。

それを心配した父(天帝)が、“ムコ”探しを始めました。

天の川の反対側の西には、牛飼いの青年、彦星がいました。

織姫の父は「うちの娘と結婚してくれない?」って頼みました。

彦星はOKしました。で結婚しました。

ところがこの2人、結婚したとたん働かなくなっちゃいました

いっつも天の川のトコで話をしてばかりでした。

 

これに怒った織姫の父は、2人を引き離しました。

「ちゃんと働くんだったら、1年に1回、7月7日に会っても良いよ」と約束をしました。

なまけものになった2人の物語ですね。

緑のきつね

もともとなまけものだったんだろ

でも、諸説いろいろあるみたいです。

自分で1番しっくりくるものを信じれば良いと思います。

短冊の由来

短冊の由来は、梶(かじ)の葉。

昔は梶の葉に歌を書いて、字が上手になるように願っていたそうです。

江戸時代には、字だけじゃなくて習い事の上達をお願いするようになりました。

その後、梶の葉が紙の短冊に変わっていきました。

短冊の書き方・お願い事

お願い事は、「~できる」というように、決意を書くのが良いみたいですよ。

大人も子供も、お願い事は叶えたいですよね。

今年の七夕の願い事の書き方はこんな感じにしてみて下さい。

僕はいつも「宝くじ高額当選させる」です。

笹を使う意味

笹を使うのにもちゃんと意味があります。

笹は真っすぐに天に向かって成長します。

それと、笹のこすれ合う「サラサラ」っていう音。

それが神様やご先祖に届くと言われています。

まとめ

ということで、七夕の由来について。

3分超簡単に説明しました。

 

・節句の1つで棚機が語源。

・織姫と彦星の真実は意外だった。

・笹はまっすぐ天に向かって伸びるから願いを届けてくれる。

 

七夕のお願い事は、強い気持ちほど夢を叶えてくれるらしいですよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^