スポンサーリンク

 

赤いたぬき

田植えってやったことある?

 

緑のきつね

いやねーなー

 

赤いたぬき

田植え体験とかを授業で取り入れてる学校とかもあるよ。

 

緑のきつね

それは聞いたことがあるな。
ってか田植えっていつやるんだ?

 

赤いたぬき

田植えの時期や歴史を超簡単に紹介していくね。

 

緑のきつね

聞いてやろうじゃねーか

 

田植えの歴史とは?について。

時期などを3分で紹介していきます。

スポンサーリンク

田植えを分かりやすく

・田植えの歴史は縄文時代から。

・中国から九州に伝わってきた。

・田植えの時期は4月から6月。

・田植えの服装は汚れてもいいもの。

田植えの歴史

田植えの歴史とは縄文時代からです。

稲作技術は、中国から九州に伝わってきたと言われています。

1番古い田んぼは、岡山県で発見された約2500年前のものです。

 

緑のきつね

そんなに、昔からやってるのかよ

 

赤いたぬき

そうだよ。
お米の歴史はスゴいんだよ

昔と今の田植えの違いを紹介します。

昔:種籾を直接田んぼに撒く。

今:種籾から苗を育ててから田植えをする。

スポンサーリンク

田植えの時期

田植えの時期とは4月から6月です。

これは、田植えの条件に気候が関係しているから、地域によって田植えの時期が変わるんです。

田植えの条件

・15度以上ある(15度以下だと苗が成長できない)。

・風が少なくて曇っているとき。

 

地域別の田植えの時期を紹介します。

沖縄

1番早く田植えをします。

3月下旬ころです。

沖縄の中でも石垣島は、1月後半には田植えが始まります。

「超早場米」と言います。

 

九州

6月中旬ころです。

早生品種は、3月下旬から4月ころに田植えをします。

植える品種によって時期が変わってきます。

 

四国・中国・中部・関西

5月下旬から6月上旬です。

 

関東

5月から6月ころが多いです。

県によって田植えの時期が少し違うのが特徴です。

・千葉県は4月下旬

・茨城県、栃木県は5月上旬

・神奈川県、群馬県、東京都は6月上旬から中旬

 

東北・北海道

5月ころです。

田植えの服装

田植えの服装は汚れても良いものです。

“絶体に”、泥で汚れちゃうので捨てても良い洋服がオススメです。

泥は、洗濯しても落ちない場合があります。

 

その他のポイントを紹介します。

長そで長ズボン

日焼け対策です。

水田の照り返しもあるので、暑いけど我慢してきた方がいいかも。

 

麦わら帽子

日焼け対策と熱中症予防です。

田植えの時期は、気温も高いので注意しましょう。

 

田植え用長靴

これは、足にフィットするので、動きやすいし脱げにくいのでオススメです。

田んぼで転んでしまうのは恥ずかしいですから。

 

子どもの場合は、半そで・短パンでも大丈夫だと思います。

動きやすい服装にするのが大切です。

まとめ

ということで、田植えの歴史とは?

3分で超簡単に時期などを紹介しました。

 

・田植えの歴史は縄文時代からで、中国から九州に伝わってきた。

・田植えの時期は4月から6月、地域によって時期が変わってくる。

・田植えの服装は汚れてもいいもの。

 

田植えについては、この3つのポイントですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク