日本人に生まれるとみんな直面するんじゃないでしょうか。

「天皇とはなに?」ということに…。

誰かに聞かれると「ムムッ( ̄  ̄)」ってなりますよね。

 

緑のきつね

実際のとこ、”天皇”って何だ?

赤いたぬき

おっけー!ちょっと説明していくね!

超簡単に子どもでも分かるように説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

天皇を超分かりやすく

・日本の象徴。

・本来の仕事は祭祀。

・天皇の後継は男系男子。

・解説には必ず「神」という言葉が出てきちゃう。

天皇とはなに?

天皇とは、超分かりやすく言うと太陽神の子孫です。

1つずつ説明していきますね。

現在の天皇陛下のことを、今上天皇陛下と言います。

読み方は、「きんじょうてんのうへいか」。

125代目の天皇陛下です。

初代の天皇は、神武天皇。

天皇になったのは2700年前と言われています。

この人はあの「古事記」に登場しています。

天照大神(あまてらすおおみかみ)の子孫です。

天照大神を5分で知る>>>

天照大神とは

神の中でも中心的な神。

太陽神とされています。

現在の天皇も子孫なので、太陽神の子孫ということになりますね。

神話を超分かりやすく

天皇とはなに?を語る上で、必ずと言っていいほど「神」という言葉が出てきちゃいます。

「太陽神の子孫」というような、信じるしかない神話に直面します。

ここは、“どう解釈すれば受け止められるか”っていうことになってきますね。

「古事記」を分かりやすく説明しますね。

古事記とは

神話の部分が強く書かれた前半部分を「神代(かみよ)」。

少しずつ、話が具体的になってくる後半部分を「人代(ひとよ)」。

その、境目の部分で誕生するのが神武天皇です。

なので、神武天皇が登場するところから、「人の世」ということになってくるということですね。

そして境目で誕生した神武天皇は、太陽神を中心とした「神様」と、「人間」の間にいてその2つの世界をつなぐ存在です。

こういった話から、天皇は「人間の代表者」とされました。

そこから、「日本の象徴」になっていきます。

スポンサーリンク

天皇のお仕事

天皇のお仕事とは、今と昔ではちょっと違います。

今では、国内と海外の行事に参加したり、「公務」なんていうふうに聞きますよね。

実際そういった姿をよく見ますね。

昔はちょっと違います。

天皇のもともとのお仕事は、「祭祀」

国家と国民の繁栄、五穀豊穣をお祈りするのが仕事だったんです。

勤労感謝の日には、国家と国民のために天皇はお祈りをしていますよ。

新嘗祭とも呼ばれますね。

男系男子とはなに?

男系男子とは、万世一系のこと。

天皇の後継は、男ではないといけないという決まりです。

過去に女性の天皇がいたこともあります。

これは日本人が農耕民族であることが関係しています。

農耕民族が特に大切にするのは「種」

天皇家でも、種は命が生まれるものとして、とても大切に考えられていました。

女系天皇が許されないのは、天皇家の種ではないといけないからなんです。

なので、天皇家は植物になぞらえても1つの種を守っていることになりますね。

昔から農耕民族は、男は種であり、女は大地である

と考えられています。

まとめ

ということで、天皇とはなに?

3分で超簡単に子どもにも分かるよう説明していきました。

 

・神様と人をつなぐ存在で、太陽神の子孫。

・日本の象徴で、本来のお仕事はお祈り。

・男系男子、男が天皇を継ぐ。

 

こんな感じでどうでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^