スポンサーリンク

年末の全国の神社で行われる行事。

酉の市とはなんでしょう。

3分で意味や由来を紹介してきますね。

由来とか起源はなんでしょうね。

酉の市を分かりやすく

・11月から年末。

・商売繁盛を願う行事。

・鳥のお寺と神社のお祭り。

・縁起の良い「熊手」が風物詩。

神社とお寺の酉の市の由来

神社の酉の市の由来は、大酉祭です。

日本武尊が亡くなったといわれている11月の酉の日に、大酉祭が行われるようになりました。

 

お寺の酉の市の由来は、浅草酉の市発祥の長國寺です。

1265年11月の酉の日に、日蓮上人が国の平穏を願いました。

お願いしてたら星が輝いて、鷲妙見大菩薩が鷲の背中に乗って日蓮上人の前に現れました。

このことから、酉の日に鷲妙見大菩薩の出開帳が行われるようになりました。

1771年に浅草の長國寺に鷲妙見大菩薩が祀られ、酉の日に開帳されるようになっていきました。

酉の市の起源

酉の市の起源は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の説があります。

日本武尊とは、日本古代史上の英雄。

日本武尊が勝利のお祝いのためにしたっていわれています。

勝ち戦を祝って、松の木に熊手をかけて、お礼のお祭りをしたんです。

その行事が酉の市になって、いまでも続いているんです。

酉の市が年末なのは、日本武尊が亡くなった時期だからです。

酉の市はどんな行事?

酉の市とは、鷲(わし)とかの鳥の寺社(お寺と神社)の年中行事。

商売繁盛を願う行事で、なんといっても縁起熊手が風物詩です。

たくさんの出店が、「縁起熊手(縁起の良い熊手)」を売ります。

竹の熊手や、「金」の縁起が良い熊手が売られてます。

熊手は、幸せや富を集めてくれる縁起物っていわれてます。

値切って買うのが風習にもなっているんです。

買う方は、「買った」「勝った」と交渉をはじめます。

お店の人は「負けた」と返答しながら売るんです。

 

鳥の寺社は、関東地方にいっぱいあります。

なので、もともとは関東地方の風習だったそうです。

最近では、関東以外のトコでもやってます。

スポンサーリンク

酉の市はいつ?

酉の市がいつかというと、毎年11月の酉の日。

2019年・・・8日、20日。

2020年・・・2日、14日、26日。

その年によって開催される日にちは変わります。

11月に2度ある年や、3度ある年もあるんです。

1回目は、一の酉(いちのとり)。

2回目は、二の酉(にのとり)。

3回目は、三の酉(さんのとり)。

土用丑の日もこんな感じですね。

 

1年に3回ある年は火事が多いっていう言い伝えがあります。

理由もちゃんとありますよ。

男の人は、酉の市の帰りによく吉原に遊びに行っていました。

その奥さんたちが、「三の酉の日は火事が多いから気をつけなよ」。

って怖がらせてたみたいです。

これが理由ですね。

有名な酉の市

1番有名なのは、東京、浅草の鷲神社

毎年約80万人が来る、年末のいべんと。

熊手を販売する店は約150店舗。

露店の数は約750店舗。

かなりの盛り上がりです。

1度行ってみる価値はあるかもしれませんね。

まとめ

ということで、

酉の市ってなに?

3分で意味や由来を紹介しました。

 

・酉の市は開運とか商売繁盛を祈るお祭り。

・全国の鳥の寺社でやって縁起熊手が売られる。

 

こんな感じでどうかな。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク