緑のきつね

ちょんまげの「ちょん」って…。

赤いたぬき

ね!
考えるとちょっと気になるよね!

緑のきつね

なんであんな形が出来たんだろうな?

赤いたぬき

今回はちょんまげの由来を説明していくよ!

日本の文化的な髪型の「ちょんまげ」

由来とか歴史ってあんま気にしたことないですよね。

3分で説明します。

スポンサーリンク

ちょんまげを超簡単に説明

・髪の少ない人が結った髪型。

・ほんとは「ゝ髷」って書く。

・「ゝ」が髷の形に似てるから。

・超絶な蒸れ防止のために出来た髪型。

ちょんまげの由来

「ちょんまげ」は髪の少ない人が結った髪型のことです。

「ゝ髷」って書くのが本来の書き方です。

「ゝ」の形がちょんまげに似てるから「ゝ髷」って言われ始めました。

「ゝ」はスマホとかパソコンでは「繰り返し」って打って変換すると出てくると思います。

 

今では「丁髷」って書くのが一般的な感じですよね。

武士の人の髪型は、正しくは「ちょんまげ」とは言いません。

ちなみに、武士の髷は「銀杏髷」

ぎんなんじゃなくて、いちょうね。

江戸時代は、ずーっとこの髪型が普通でした。

今も、相撲の力士の髪型を「大銀杏(おおいちょう)」という髪型にしています。

言われてみれば、イチョウっぽい感じもなくはないですよね。

「ゝ」の意味

「ゝ」は「踊り字」と言って、繰り返しに使う記号。

「繰り返し」って入力して変換で出てきます。

なので、文字自体には読み名はないです

「ちょん」っていうのも通称みたいな感じですね。

馬鹿でもちょんの意味

差別用語って言われたりするけどそうではないです。

江戸時代のおわりにはこの言葉はありました。

「ちょん」っていうのは「、」とか「・」という表現もあります。

ドラえもんの絵描き歌もそうですね。

ま~るかいてちょん♪ま~るかいてちょん♪っていう歌ですね。

「ゝ」の形がちょんまげに似てるから、「ゝ髷」って言われ始めました。

「、」とかはこれ自体、文章の並び以外では意味がない小さな点。

ささいなこととか小っちゃいことっていう意味の使われ方をすることがあります。

スポンサーリンク

ちょんまげの歴史

ちょんまげの歴史は江戸時代、一気に流行ったわけじゃありません。

実は、平安貴族にその由来があります。

飛鳥時代に「冠」をする文化が中国から伝わりました。

貴族の間でどんどん広まっていきます。

でも1つ大問題があって、頭が蒸れっ蒸れっになっちゃってました。

それで、蒸れをどうにかするために、髷のもとになった「髻(もとどり)」と言うものが出来たました。

これがちょんまげの始まりです。

赤いたぬき

蒸れっ蒸れっの防止のために出来たのが由来なんだ

緑のきつね

くさそーだな

まとめ

ということで、ちょんまげの由来や歴史について。

3分で説明していきました。

 

・髪が少ない人の髪形で「ゝ」の形が似てるから「ちょんまげ」。

・冠の蒸れっ蒸れっ防止のためにできたのが始まり。

 

この2つでちょんまげは攻略ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。^^