スポンサーリンク

うぐいす餅って知っていますか?

キレイな黄緑色で、「春」っていうイメージはありますよね。

でも、由来や食べる時期とか深く考えたことないですよね。

うぐいす餅とはなに?について。

3分で由来や食べる時期を紹介していきますね。

つくり方も紹介します!

うぐいす餅を分かりやすく

・うぐいすの形をした和菓子。

豊臣秀長が茶会のためにつくらせた。

・天下統一をした豊臣秀吉が名付け親。

・食べる時期は「梅が咲くころ」2月から3月。

うぐいす餅とは

うぐいす餅とはうぐいすの形をした和菓子です。

餡(あん)を求肥(ぎゅうひ)などで包みます。

それを楕円形にして、うぐいすの形を表現しています。

最後に、うぐいす粉(青大豆からできたきな粉)をかけて仕上げています。

地域によっては、きな粉をかけるところもありますね。

うぐいす餅の由来

うぐいす餅の由来とは、1580年頃に豊臣秀長がつくらせました。

兄の豊臣秀吉を招いたお茶会で出すお菓子を、菊谷治兵衛につくらせました。

このお菓子を秀吉は気に入って、「うぐいす餅」って名前をつけたんです。

その後に、「城の口餅」という通称がつけられたみたいです。

お城の近くにお店を構えて、今も同じ場所にお店があるそうですよ。

豊臣秀長とは、

「羽柴秀長」とも呼ばれてます。

お兄さんが豊臣秀吉で、天下統一のときに貢献しています。

優秀な、補佐役だったそうですよ。

スポンサーリンク

食べる時期

うぐいす餅を食べる時期は早春です。

梅の花が咲くころに鳴き始める、うぐいすの和菓子です。

うぐいすは、春告鳥(はるつげどり)ともいわれていますよ。

早春とは

「春の初めのころ」という意味です。

一般的には、2から3月くらいのことです。

うぐいす餅の作り方

うぐいす餅の作り方を紹介しますね。

①こしあんを丸める。こしあんは市販のものを使ってもいいし、手作りでもいいです。

②求肥をつくる。白玉粉、砂糖、水を耐熱ボールに入れてレンチン。

③こしあんを求肥で包み、うぐいすの形をつくる。

④うぐいす粉をかけて完成。

 

うぐいす粉を求肥に混ぜ込む作り方もあります。

この場合は、求肥を作ったときに先にうぐいす粉を混ぜ込んで、上からきな粉をかけて完成です。

うぐいす粉は上からかけてもいいし、混ぜ込んでも大丈夫です。

自分の好きなうぐいす餅を作りましょう。

まとめ

ということで、

うぐいす餅とはなに?

3分で由来や食べる時期、作り方を紹介しました。

 

・うぐいすの形をしている和菓子。

・うぐいす餅を食べる時期は、早春(梅が咲くころ)。

・豊臣秀長がお茶会のためにつくらせて、秀吉が名付け親。

 

うぐいす餅に豊臣秀吉が関係していたなんて、初耳でしたね。

今年は、うぐいす餅を食べながら、早春を感じましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク