スポンサーリンク

梅干しって日本の文化的な食べ物。

かりかり梅とか、好きな人はめっちゃ好きですよね。

そんな梅干しの由来や歴史

3分で紹介していきますね。

梅干しを超分かりやすく

・中国から伝わった。

・三毒を断つ食べ物。

・昔は縁起物とか薬だった。

・名前の由来は鳥梅(ウーメイ)。

梅干しの歴史

食卓にあがるようになったのは、江戸時代から。

 

奈良時代には、生菓子としてあったみたいです。

この頃の生菓子は「フルーツ」こと。桃とかと同じように食べられてたみたいですね。

 

平安時代には、日本最古の医学書に梅の効用に関しての記録があります。

「味は酸、無毒。熱を除き、心臓を鎮め、四肢身体の痛みや手足の麻痺なども治し、皮膚のあれ、萎縮を治す。下痢を止め、口の渇きをとめる」。

この時は、「万能薬」として使われてたんですね。

 

鎌倉時代には、おもてなしの料理として登場しています

縁起が良い食べ物とされてたみたいです。

 

戦国時代には、戦の時「梅干丸」というものを持っていた記録があります。

 

梅干しの由来

梅干しの由来は、中国から。

約2000年前の中国最古の薬物学書に「梅」が記載されているそうです。

スポンサーリンク

南高梅の由来

南高梅とは、梅の品種の1つ。

梅の最高級ブランドで皮が薄くて、果肉が厚いくてタネが小さいのが特徴。

由来は、高田さんっていう人が、大切に育てて増やしていったんです。

はじめは、「高田梅」って呼ばれてました。

その後、「南部高等学校」が5年間研究をして、たくさん種類の中から1番良いものを「南高梅」って名付けて発表しました。

高田さんの「高」も由来の1つとしてくっついてますね。

 

鰻と梅干しを一緒に食べてはいけないって聞きます。

でも、それは迷信で本当は全く問題はないです。

むしろ、理にかなった良い食べ方なんです。

 

梅干しの効能

「梅は 三毒を断ち、その日の難を逃れる」っていわれています。

強い殺菌効果で、食中毒や感染症に効きます。

昔の旅人なんかは、携帯してる人がかなり多かったみたいですよ。

 

梅干しの効能は、唾液の分泌を促し 食欲を増進させます。

老化の原因の活性酸素を消す働きもあるんです。

肝臓の解毒作用を助けたり、血流を良くして動脈硬化を防ぐっていう効果もあります。

 

あの酸っぱさ は クエン酸

クエン酸は、疲労回復やカルシウムの吸収を助けます。

おにぎりや、お弁当にいれると抗菌作用にもなりますね。

昔、お弁当箱がアルミニウムだった頃は、その酸で梅の部分に穴が空いたらしいですよ。

まとめ

ということで、

梅干しの歴史と由来。

3分で分かりやすく紹介しました。

 

・中国から伝わった。

・昔は縁起物と、万能薬としての食べ物。

 

この2つで梅干しは大丈夫。

最後まで読んでいただきありがとうございます。^^

スポンサーリンク