4月になると新年度が始まりますね。

学生も社会人も気持ちの切り替え時でもあるのかもしれません。

私は花粉症がすごくて、やる気が全然おきません。

仕事にダイエット、連絡1つもめんどくさい…。

やる気スイッチってどこにあるんだ?って感じです。

そんな私にも朗報!

やる気が出ない時!5秒で動き出せる方法!を学びましたので紹介します!

緑のきつね

ほんとにそんな方法あるのか?

スポンサーリンク

やる気を出す方法

実は、世の中にはやる気を出す方法はたくさんあるみたいです。

僕的に良いかも、と思ったものを紹介します。

1つずついきましょう。

大声を出す

大声を出して気合い入れる

ちょっと原始的かもしれませんが「大声を出して気合いを入れる方法です」。

「やる気を出す」ということには当てはまりますね。

スポーツ選手は試合前とか声を出して気合い入れますよね。

思い切ってマネすると意外に気合入りますよ。

枕とかに顔をうずめて叫びましょう。

僕が叫んだ言葉は、「なぁーー!!!」でした。

特に意味はないです…。スーパーサイヤ人になりかけた気がします…。

人の力を借りる

人の力を借りる

人の力を借りる方法もあります。

「〇〇が出来なかったら△△するよ」。

「でも出来たら▢▢しろよぉ!?」。

という感じです。

これは学生の時の“あるある”ですよね。

今度のテストで良い点とったらPS4買ってくれ的な。

友人や家族じゃない人に言うと「やらなきゃ」という思いが強くなります。

「〇〇が出来なかったら△△する」。

これを公でできるサイトもあるみたいですよ。

「〇〇できないとチャリティーに寄付」とかするみたいです。

5秒の法則

5秒の法則

今回紹介したいのはこれです。

2017年春、Mel Robbins (メル・ロビンズ)という女性が本で紹介した方法。

 

結論から言うと、

「5、4、3、2、1、Go-!」で物事を始めちゃうんです。

 

人間の能は5秒で「言い訳」をつくれるそうです。

その言い訳が出来上がる前に、カウントダウンをはじめてGoで行動します。

早起き、片付け、宿題、ダイエット、電話連絡、異性に声をかける。

5秒以内に動き出せば全て解決します。

考えず、5秒カウントダウンでもう行動です。

 

スペースシャトルには、宇宙に行くまでにお腹のトコにロケットが付いてますよね?

あれは宇宙に行くまでの「勢い」みたいなもんです。

行っちゃえば後は流れで動きますもんね。

あれと同じです。

動き出しは勢いで5秒ルールで動き出しちゃえば後が楽です。

早起きも、起きちゃえば後がだいぶゆったりできますよ。

人間の能は「嫌なことから身を守ろう」として言い訳をつくります。

基本、自分の言い訳を擁護します。

考えず、5秒ルールで行動しちゃいましょう!

まとめ

ということで、

やる気が出ないとき、5秒で動き出せる方法を紹介しました。

 

・5秒ルール、「5,4,3,2,1、Go!」で動き出す。

・人間の能は5秒で言い訳をつくれる。

 

この2つをおぼえておけばちょっとやる気を出せるかも。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^