スポンサーリンク

みんなが知ってる雪だるま。

いつからつくられるようになったんだろうね。

雪だるまの由来・起源ってなに?

3分で超簡単に説明していくね。

雪に触れれば誰もが1度はつくろうとしたんじゃないかな。

超簡単に雪だるまとは

・江戸時代からあった。

・国によって形が違う。

・達磨(だるま)っぽいから「雪だるま」。

・昔は縁起物だった。

雪だるまの由来と起源は?

雪だるまの明らかな起源は明らかにはなっていないよ。

でも、江戸時代の後期にはあったことが分かってるんだ。

江戸時代に浮世絵師として活躍した歌川広景。

その人の作品で、「江戸名所道戯尽 廿二御蔵前の雪」っていうのがあるんだ。

その中に、当時の雪だるまが描かれているんだって。

見た目が達磨(だるま)っぽいから「雪だるま」と呼ばれるようになったみたい。

むかしの雪だるまは、遊びでつくられたんじゃなかったみたい。

縁起物としてつくられていたみたいだよ。

スポンサーリンク

雪だるまの形はいつから2段になったの?

江戸時代からつくられていた雪だるま。

昔は、丸いだるまの形で、大人の人間くらい高さがあったんだって。

大きな雪のかたまりみたいな、めちゃシンプルだったみたい。

今の2段重ねの雪だるまになったのは、江戸時代の後だっていわれているよ。

遊びとして雪だるまをつくるようなってから、枝で手を付けたりバケツを頭に乗せたり、アレンジされるようになったんだ。

国によって形が違う雪だるま

日本の雪だるまは、全体的にまるっぽくて2段になっているのが多いよね。

欧米ではスノーマンと呼ばれていて、3段重ねが特徴なんだ。

スノーマンは背が高くて、マフラーや帽子を付けたりして、人間みたいな形をしているよ。

日本の雪だるまの方が可愛らしいイメージがあるけど、スノーマンは大人っぽい印象だね。

まとめ

ということで、雪だるまの由来起源ってなに?

3分で超簡単に説明したよ。

・江戸時代からあって達磨っぽいから「雪だるま」。

・国によって形が違う。

・昔は縁起物だった。

この3つでどうかな。

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^-^*)

スポンサーリンク