スポンサーリンク

赤いたぬき

十二支って全部言える?

緑のきつね

“みー”までなら言えるぜ

赤いたぬき

…。
十二支について教えるね!

「子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥」。

これが十二支ですね。

言える人もいると思いますが、十二支の由来や起源など、詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

十二支のお話について。

3分で超簡単に由来や起源を説明していきます。

十二支を分かりやすく

・十二支の起源は中国。

・日本に伝わったのは553年。

・十二支の由来は2つの説がある。

・もとは、日や月を数えるのに使われていた。

十二支との意味とはなに?

十二支の意味とは、12匹の動物。

十二支 読み 動物
鼠(ねずみ)
うし 牛(うし)
とら 虎(とら)
兎(うさぎ)
たつ 龍(りゅう)
蛇(へび)
うま 馬(うま)
ひつじ 羊(ひつじ)
さる 猿(さる)
とり 鳥(とり)
いぬ 犬(いぬ)
猪(いのしし)

十二支と言えば「干支(えと)」ですよね。

動物のイメージがついたことで、干支=十二支のイメージになりました。

ほんとの干支の意味は違います。

干支とは

十干十二支(ひのえじゅうにし)の略。

昔、日を数えるために十干。

月を数えるために十二支が必要だったんです。

十二支は十干と一緒に使われていました。

十二支の由来

十二支の由来は2つの説があります。

後漢(ごかん)の王充(おおじゅう)が由来。

後漢:中国の王朝。

王充:思想家。

中国の王朝の思想家が、暦をおぼえやすくするために身近な動物をあてました。

 

バビロニア天文学の十二宮が由来。

・十二宮が十二支になった。

・十二宮が十二支と結びついた。

バビロニア
今のイラクで、古代オリエント文明の中心地。

十二宮
1年を12等分して、その月に太陽がある場所に星座をわりあてたもの。

緑のきつね

1つ目の説の方がしっくりくるな

十二支の起源

十二支の起源とは中国で日や月を数えるために使われていました。

紀元前1600年~紀元前1046年前。

日を数えるために十干。月を数えるために十二支が使われていました。

 

紀元前403~紀元前221年では、年も表すようになりました。

年は微調節をしていましたが、紀元前95年、星に関係なく60年周期となりました。

 

日本に伝わってきたのは、553年です。

中国の専門家が、日本の学者に教えたのが始まり。

602年に政治で使われ始め、692年に民間で使われ始めました。

十二支のおはなし

超簡単に話しますね。

昔、神様が動物たちに言いました。

「元日の朝、1番早く来た動物から順番に、1年間ずつ大将にするよー」。

動物たちは、自分が1番になるんだって競いました。

は歩くのが遅いので夜中から出発しました。

その様子を見ていたネズミが牛の背中に乗りました。

神様の所へ1番に着いた牛は、門が開くのを待っていました。

門が開いた瞬間、ネズミがピョンと飛び降りて1番でゴール。

その後は、牛、寅、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順番。

 

猫がいない理由は、ネズミに嘘をつかれたからです。

いつ神様の所に行くか忘れた猫はネズミに聞きました。

ネズミは、1日遅れの日を教えたのです。

緑のきつね

だから猫とネズミは仲わりーのか!

赤いたぬき

追いかけまわしてるもんね!

まとめ

ということで、十二支のお話について。

由来や起源を3分で超簡単に紹介しました。

 

・十二支の起源は中国で、日本に伝わってきたのは553年。

・十二支の由来は2つの説がある。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます^^