スポンサーリンク

赤いたぬき

十六団子って聞いたことある?

 

緑のきつね

聞いたことないけど、お月見の時の団子か?

 

赤いたぬき

ちょっと違うかな。超簡単にだけど説明していくよ

 

16個の数にもちゃんと意味があります。

十六団子とはなに?ということについて。

3分で由来を超簡単に紹介していきます。

スポンサーリンク

十六団子を分かりやすく

・「じゅうろくだんご」と読む。

・3月16日、11月16日にお供えされる団子。

・神去来(かみきょらい)が由来。

・16個の団子の意味は、無病息災。

十六団子とはなに?

十六団子とは3月16日11月16日にお供えされる団子です。

「じゅうろくだんご」と読みます。

十六団子は、米粉や上新粉に砂糖を入れて小さな団子をつくります。

この団子を16個つくってお供えします。

十六団子の由来

十六団子の由来とは神去来(かみきょらい)です。

神去来とは

3月16日、11月16日に、神様が往来するとされていました。

3月は、田植えの準備などがはじまります。

山の神様が田んぼに降りてきて「田の神」になります。

 

11月は、収穫がおわるころです。

田の神が山へ戻って「山の神」になります。

春に神様を迎えて豊作祈願、秋には収穫の感謝をして神様を見送ります。

神様を迎えて見送る時にお供えしたのが、十六団子です。

スポンサーリンク

16個の団子の意味

16個の意味とは無病息災です。

「嘉祥(かじょう)の儀式」に関係しています。

嘉祥の儀式とは

840年代ころに疫病が蔓延して、縁起担ぎで年号を変えたそうです。

年号を変えた日が6月16日。

16にちなんでお菓子や餅を神前に供えて、疫病除けを祈願したのが嘉祥の儀式です。

この儀式が、16個のお菓子をお供えして無病息災を願うものになっていきました。

十六団子の16個というのは、嘉祥の儀式からきています。

緑のきつね

16個のお菓子でいいんだったら、団子じゃなくていいじゃねーか

 

赤いたぬき

そう思うよね。でも、ちゃんと意味があるんだよ

 

団子の理由

山の神様に来てもらうのに、“”を出していました。

餅を杵(きね)と臼(うす)でつく音を合図にしていたんです。

このお餅で、16個の団子をつくってお供えをします。

緑のきつね

へー だから団子なのか

まとめ

ということで、

十六団子とはなに?

3分で由来や16個の団子の意味を紹介しました。

 

・3月16日、11月16日にお供えされる団子。

・神去来(かみきょらい)が由来で、16個の団子は無病息災の意味がある。

・神様を呼ぶときは餅をつく音で合図する。

 

十六団子は、この2つのポイントをおぼえておけば大丈夫。

最後まで読んでいただきありがとうございます^^

スポンサーリンク